まずいベトナムコーヒーを見違えるほど美味しくする飲み方

ベトナムコーヒーは「まずい」が前提のコーヒーなので、あなたがまずいと思うのは至極当然のことです。

なぜなら日本で売っているコーヒー豆は「アラビカ種」ですが、ベトナムのコーヒー豆のほとんどは「ロブスタ種」という品質が劣り安価で取引されるコーヒー豆だからです。

アラビカ種のコーヒーはベトナムのような低地平原で栽培するのが難しい品種なので、ベトナムでは病気や害虫にも強く栽培しやすいロブスタ種のコーヒー豆を栽培するようになりました。

近くのインドネシアには「マンデリン」や「トラジャ」など知名度の高い土地ごとのコーヒー豆がありますよね。しかしベトナムコーヒーは「ベトナムコーヒー」でしかないのはなぜでしょうか。それはまずいからです。

そんなまずいベトナム産コーヒーですが、実はベトナムのコーヒー豆はブラジルに次ぐ世界2位のコーヒー豆輸出国でもあります。

また日本人でも本場のベトナムコーヒーを飲んで、その味の虜になっている人も少なくありません。

今回はベトナムのコーヒーがなぜ「まずい」と言われるかという理由から、ベトナムのコーヒー豆の嫌な部分を極力抑え良い部分を最大限に活かした他のコーヒーにはない美味しいコーヒーの飲み方を紹介します。

まずいベトナムコーヒーを美味しくしたベトナム式コーヒー

ベトナムのコーヒーがまずいと感じる大きな原因の一つは、ベトナムのコーヒー豆を普段飲んでいるコーヒー豆(アラビカ種)と同様の入れ方をしているからです。

ベトナムコーヒーの特徴であるロブスタ種は次のような特徴がありますので、普段と同様の入れ方をするとロブスタ種の嫌な部分が際立ってしまいます。

ロブスタ種の特徴
  • 独特の苦味がある
  • 泥臭さがある
  • 酸味や香りがない

これらの特徴をごまかすために、ベトナムでは多くの場合バターやニュクマム(ナンプラー)などを使って焙煎し、飲むときには練乳を入れます。

この練乳によってロブスタ種の独特の苦味や泥臭さを目立たなくし、バターと練乳の甘味が程よくマッチした美味しいコーヒーとなります。

つまりベトナムコーヒーがまずいというのは大抵の場合飲み方に問題があり、コーヒー豆をちゃんと選んだ上で飲み方を変えればベトナムコーヒーは美味しくなります。

もうまずいなんて言わせない!ベトナムコーヒーを見違えるほど美味しくする方法

本格的なベトナム式で飲んでも「ベトナムコーヒーはまずい」という人もいます。

逆に「ベトナムコーヒーをブラックで飲む人なんていない」と言っている人もいますが、実際ベトナムで生活をしていると「ベトナムコーヒーはブラックで飲むのが一番美味しい」という人もたくさんいます。

最終的には好みの問題になりますがこの記事ではできるだけ多くの人が美味しいと感じるように、ベトナムコーヒーの飲み方を3段階に分けて紹介します。

  1. ベトナム式の入れ方でコーヒーを飲む
  2. それでもダメならアラビカ種をブレンドする
  3. それでもダメならアラビカ種100%の美味しいコーヒー豆を選ぶ

ベトナム式の入れ方でコーヒーを飲む

品質の悪い紅茶の茶葉にミルク、砂糖、香辛料を加えて独特の美味しさを確立したのはインドのチャイです。インドには「インドの紅茶の飲み方」があるようにベトナムには「ベトナムのコーヒーの飲み方」があります。

まずいベトナムコーヒーを他のコーヒーにはない独特の美味しさにするためには、ベトナム式でコーヒーを入れましょう。

ベトナムコーヒーの特徴は次の4つです。

①独特の苦味があるベトナム産のコーヒー豆(ロブスタ種)を使っている
②バターやニュクマム(ナンプラー)を使い深煎り焙煎している
③フランス製のフィルター「カフェ・フィン」で濃く抽出している
④牛乳のかわりに練乳が入っている

引用元:裏ワザ.com「独特の苦味と甘味!日本のコーヒーにはないベトナムコーヒーの特徴

下記のセットは上記の条件が全て揃っていますので、日本にいながら本格的なベトナムコーヒーを飲むことができます。

ベトナムコーヒーの入れ方

専用のフィルターをわざわざ買いたくない方は、こちらの記事を参考にしてください。

アラビカ種とロブスタ種の割合を8:2にする

アラビカ種とロブスタ種を8:2の割合でブレンドにすれば、ロブスタ種の独特の苦味を活かしつつ美味しいコーヒーを飲むことができます。

ただロブスタ種の味の主張はかなり激しいので、好みもありますがロブスタ種を30%(つまりアラビカ:ロブスタ=7:3)以上の割合にするとロブスタ種の味が勝ってしまってアラビカ種の繊細な味を壊してしまいます。

アラビカ100%とロブスタ100%を買って独自でブレンドすることもできますが、最初はすでに上手にブレンドされているものを購入するのをお勧めします。

筆者が最も素晴らしいブレンドだと思ったのは次のコーヒー豆です。

Trung Nguyen コーヒーSang tao4 はアラビカ種とロブスタ種に加えてロブスタ種の遺伝子を受け継いでいるカティモール種と、世界三大品種の一つでありながら生産量は1%しかないリベリカ種の変種であるエクセルサ種を配合したここでしか飲めない完全オリジナルブレンドです。

このコーヒー豆をベトナム式で入れたコーヒーは一般に出回っているベトナムコーヒーと味が全然違いますので、ベトナムコーヒーを飲んだことがある人に特におすすめします。

美味しいアラビカ種のベトナムコーヒー豆を買う

ベトナムコーヒーといえばロブスタ種ですが、ベトナムにもアラビカ種のコーヒー豆が販売されています。

基本的にはアラビカ種のベトナムコーヒーはロブスタ種の倍の値段がしますがブラジルやコロンビアなど日本で流通しているコーヒー豆の方が美味しいので、わざわざアラビカ種のベトナムコーヒー豆を買う必要はありません。

しかしベトナムにも探せば美味しいアラビカ種のコーヒーがあります。

Trung Nguyen コーヒーSang tao3 は先ほど紹介したSang tao4と同じブランドですが、こちらはアラビカ100%でベトナム式でローストしています。

このSang tao4をベトナム式で入れれば他のベトナムコーヒーよりも美味しいのはもちろんですが、Sang tao4ともまた少し違う味になっていますので味比べしてみるのも面白いです。

Trung Nguyen コーヒーSang tao3でも味が苦手と感じるなら、どうぞ次のコーヒーを飲んでみてください。

このベトナムのルビーの産地である山にあるコーヒー農園で栽培されたアラビカ種のルビーマウンテンは、言われなければベトナムコーヒーであるということがわからない「普通に美味しいコーヒー」です。

ベトナムのコーヒー豆にはない香り高い酸味がありまろやかで飲みやすいコーヒーで、今までのベトナムコーヒーの概念を良い意味で壊してくれます。

それでベトナム式でなく普通のコーヒーと同じようにコーヒーメーカーやドリップで入れることをお勧めします。

ベトナムでもそれほど流通していませんので、ベトナムに滞在した経験があり「ベトナムコーヒーは嫌い」という人に飲ませてあげれば必ずびっくりされます。

【まとめ】ベトナムコーヒーはまずい!でも美味しい!

ベトナムコーヒーは本来まずいものですが、工夫により他のコーヒーにはない美味しいコーヒーになります。

この記事のポイント
  • ベトナムのコーヒー豆は独特の苦味と泥臭さがある「まずい」ものである
  • その「まずさ」を極力減らし利点を活かすためにベトナム式の焙煎と練乳を入れた
  • よってベトナムコーヒーはベトナム式で飲めば美味しくなる
  • それでもダメなら質の高いベトナムコーヒー豆を使う

ベトナムコーヒーにはロブスタ種の「まずさ」を活かしてヨーグルトコーヒードリアンコーヒーココナツコーヒータピオカコーヒーなどユニークなコーヒーがたくさんあります。

その中でも特にエッグコーヒーは自宅でも簡単に作れ、万能受けする美味しさで、インスタ映えもしますのでこれからダルゴナコーヒーの次におうちカフェとして人気が出ると予想しています。

また世界一高いコーヒーとして有名なジャコウネココーヒーもベトナムにはあります。

スペシャリティコーヒーのような高価なコーヒーが注目されている中で、ユニークな特徴を持ったベトナムコーヒーは今後さらに輸出量が増えていくことが予想されています。

そう、ベトナムコーヒーは美味しく飲むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です