卵×コーヒーの新感覚ベトナムコーヒー!エッグコーヒーの店と作り方

エッグコーヒー

エッグコーヒーとは卵の黄身にコンデンスミルクを加えてクリーム状に泡立てたものをコーヒーの上に乗せて飲むベトナムスタイルのコーヒー。

「えっ?コーヒーに卵?」と最初はちょっと抵抗があるかもしれませんが、意外と飲みやすくほとんどの人が抵抗なく飲める味です。むしろその味が癖になる人が続出しています。

「飲むティラミス」「液体ティラミス」などとも形容されていますが、卵にコーヒーに強い拒否感を抱いている人には「ミルクセーキみたいなもの」というと大抵の方は抵抗なくエッグコーヒーを飲んでくれます。

エッグコーヒーの歴史は1946年。当時フランスとの間で戦われた第一インドシナ戦争真っ只中で、牛乳が手に入りにくい時代でした。

そんな中当時5つ星ホテルのバーテンダーだったGiang氏がミルクを帽子のようにコーヒーの上に乗せる「カプチーノ」に感化され、「牛乳の代わりに卵黄と練乳を使ってみよう」と考案したのが始まりでした。

その後エッグコーヒーは宿泊客から大人気となり、やがてGIANG氏は自分の店「CAFE GIANG」を持つことになります。

現在ではエッグコーヒーはハノイ名物としてハノイにある色々な喫茶店のメニューとなっていて、最近では日本でも人気に火がついています。

今回はそんなエッグコーヒー発祥の老舗カフェCAFE GIANG(カフェジャン)を紹介し、日本でもエッグコーヒーを美味しく飲める店や自宅でできるカフェジャン秘伝の作り方を紹介します。

GIANGはベトナムの北部では「ザン」と発音し、南部では「ジャン」と発音します。CAFE GIANGはベトナム北部のハノイにありますので本来は「カフェザン」が正い発音のですが、日本にある2号店が「カフェジャン」と名乗っており、またよく知られているのも「カフェジャン」という発音なのでこの記事ではGIANGを「ジャン」と表記します。

創業70年!エッグコーヒー発祥の店CAFE GIANG(カフェジャン)

カフェザンの入り口。上記の看板が目印です。
名称:CAFE GIANG(カフェジャン)
住所:39 (lane), Nguyen Huu Huan, Hoan Kiem, Ha Noi
営業時間: 7:00-22:30
電話番号+84 98 989 2298
URL(英語、ベトナム語)http://cafegiang.vn
エッグコーヒーの値段:30,000ドン(約150円)

カフェジャンは旧市街にあるNguyen Huu Huan(グエンフーフアン)通りにあります。2代目店長Nguyen Tri Hoa氏の言葉を借りると「店は見つけるのは難しいが、それにふさわしい経験をする」ことになります。

とにかく安い!カフェジャンのメニューと値段

カフェジャンのメニュー
Kというのは1キロの略、つまり30Kとは30,000VND(約150円)ということ
エッグコーヒーはホットでもアイスでも飲むことができます

カフェジャンのある場所は一等地旧市街。ベトナムの物価は上がりつつあり、土地代も高く観光客が多くくる場所なので倍の値段でも文句は言えませんが、良心的な値段に設定しています。

エッグコーヒー(Café Trứng)の他にも注目したいのは、二代目店長ホア氏が自分で飲むために作ったのがお客さんの目に留まり2007年からメニューに加わったエッグビール(Bia Trứng)です。

「エッグコーヒー(カフェチュン=Ca phe trung)」を生んだハノイ市の老舗カフェ「カフェ・ザン(Cafe Giang)」が提供する「エッグビール(ビアチュン=Bia trung)」が人気を集めており、海外メディアからも注目されている。

引用元:VIET JO2019/04/16 15:51 JST配信「ハノイ老舗カフェの「エッグビール」が人気、海外メディアも注目」よりhttps://www.viet-jo.com/news/social/190416155603.html

でもカフェジャンに来たらまずエッグコーヒーを飲んでください。(と店長も強く勧めています。)

とどまることを知らない店長の想像力は、エッグコーヒー、エッグビールの他にもたくさんメニューを考案し続けています。その中でも人気があるのは次のようなメニューです。

カフェジャン以外ではなかなか飲めない人気メニュー
  • Quế trứng(シナモン入りエッグコーヒー)
  • Cacao trứng(エッグココア)
  • Hỗn hợp trứng cacao, cafe(エッグカフェモカ)
  • Matcha trứng(エッグ抹茶)
  • Coca trứng(エッグコーラ)
  • Ram trứng(エッグラム)

店内は低い机と小さい椅子というベトナム伝統的なスタイルです。最近ハノイも近代的なおしゃれなカフェが増えてきましたが、ベトナム情緒を味わうことができます。

カフェジャンの店内

カフェジャンで提供されるエッグコーヒーの味

カフェジャンのエッグコーヒー
スプーンで混ぜながら飲んでください

エッグコーヒーはハノイ名物なので色々なカフェで飲むことができますが、発祥のカフェジャンのエッグコーヒーは他の喫茶店で出しているものと一味違います。

Nhưng điều khiến cho café của Giảng trở thành duy nhất và khác biệt với café của các nhà hàng khác, chính là công thức pha trộn cà phê và trứng đến độ hoàn hảo, nhằm hạn chế tối đa vị ngấy và tanh của trứng gà. 

(カフェジャンが他の喫茶店で提供しているエッグコーヒーとの差別化に成功しているのは、主に卵の生臭さを最小限に抑えるために、材料を完璧に調合しているからです。)

カフェジャン公式ホームページより
http://cafegiang.vn

配合率だけでここまで味が変わるのか、あるいは他に秘伝のレシピがあるのかはわかりませんがとにかくカフェジャンのエッグコーヒーはカフェジャンでしか飲むことはできません。

カフェジャンの他にもある!ハノイで飲めるエッグコーヒーの美味しい店

名称:Vườn Phố Cổ Café(カフェフォーコー)
住所:11 Hàng Gai, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội 100000 ベトナム
営業時間:8:00~23:00
電話番号+84 24 3928 8153
URL:なし
エッグコーヒーの値段:40,000ドン(約200円)

エッグコーヒーというと元祖カフェジャンと並んで必ず紹介されるのが、ホアンキエム湖のすぐ近くにある老舗カフェ「カフェフォーコー」です。

こちらの提供するエッグコーヒーは、カフェジャンが提供するエッグコーヒーと味が全然違うのでぜひ飲み比べてみてください。店内はレトロな雰囲気でカフェそのものが観光にもなる興味深い造りになっています。

カフェフォーコーは非常に見つけづらい場所にありますので注意が必要です。(筆者は住所だけ見ていったのですが、3度目にしてようやくたどり着きました)

Hang Gai 通りにあるcicada.Silklike というシルクショップの中に入ると中央に細い道が続いていていますが、その先にカフェがあります。

カフェフォーコーに来たらぜひらせん状の階段を登って最上階まで行ってください。ここではホアンキエム湖を一望しながらエッグコーヒーを飲むことができます。

カフェジャン唯一の暖簾分けはホーチミンではなく日本の横浜中華街に

カフェジャンは70年以上暖簾分けを断り続けていましたが、2017年ついに許したのはベトナム国内のどこでもなく、なんと日本の横浜中華街でした。

ハノイにあるカフェジャン本店にて。
横浜のCAFE GIANGは正式な2号店であることを確認できます

カフェジャン2号店で使っているコーヒー豆はベトナムのコーヒー名産地ダラット産を直輸入したものを店内で独自焙煎をし、ロブスタ種とアラビカ種を独自にブレンドした完全オリジナル。本店とはちょっと違った味を楽しめます。

またカフェジャン2号店は千葉の「たまごやとよまる」の”まことのたまご”を使用するこだわりぶり。

生臭さが全くない卵で本店がこだわった「卵の生臭さを最小限に抑えた完璧なブレンド」がもはや必要のないレベルの卵です。

本店に行ったことがある人もまだ行ったことがない人もぜひ一度行ってみてください。

名称:CAFE GIANG(カフェジャン)
住所: 神奈川県横浜市中区山下町78-3
営業時間:日~木 10:00-18:00(Lo.17:30)
     金・土 10:00-18:00(Lo.17:30)
定休日:毎週月曜日
電話番号045-323-9088
URLhttps://cafegiang.co.jp
エッグコーヒーの値段:500円

【おうちカフェ必見】自宅でもできる美味しいエッグコーヒーの作り方

濃い目のコーヒーに、卵黄と練乳を泡だてたエッグクリームを乗せるだけで自宅でも簡単にベトナム風エッグコーヒーを作ることができます。

エッグコーヒーの作り方

【材料】

  • 卵黄:2個
  • 練乳:大さじ1
  • コーヒー豆(出来れば深煎り焙煎):10g
  • お湯100cc

【作り方】

  1. ホットコーヒーを煎れる
  2. アイスエッグコーヒーにする場合は氷を入れて急速に冷やす
  3. 卵黄に練乳を混ぜ、ハンドミキサーでふわふわになるまで泡立てエッグクリームを作る
  4. コーヒーの上にエッグクリームを乗せる
  5. 好みでシナモンをかけてもOK

エッグコーヒーの決め手は卵黄ですので、味にこだわりたい方は次のようなこだわり卵でエッグコーヒーを作ってみてください。

【まとめ】本格的なエッグコーヒーを作りたいならベトナムのコーヒー豆を買おう

米国のオバマ元大統領やトランプ大統領が泊まった JWマリオットホテルで提供されるエッグコーヒー
ハノイでは至る所でエッグコーヒーが飲めます

日本でも話題となっているエッグコーヒーの元祖はベトナム・ハノイにあるCAFE GIANGという店で提供されています。

エッグコーヒーは自宅でも簡単に作ることができますが、元祖エッグコーヒーはベトナムコーヒー豆のレシピで考案されています。

より本格的なエッグコーヒーが飲みたいならベトナムコーヒーの豆を、少なくともロブスタ種がブレンドされているコーヒー豆を買いましょう。

ロブスタ種のコーヒー豆は市場ではなかなか出回っていませんが、ネットで購入することができます。次の記事はネットで購入できる本当に美味しいベトナムコーヒーを紹介しています。

ベトナムの専用コーヒーフィルターカフェフィンを使えばもっと本格的なエッグコーヒーを作れますよ。

ベトナムどころか外出もなかなかできないという方も、おうちカフェを楽しんでください。下記の記事はおうちカフェの火付け役ダルゴナコーヒーを簡単に作れる方法について解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です