ベトナムコーヒーはフィルターがなくても自宅にある代用品を使おう

「ベトナムコーヒーの豆をもらったけど、専用フィルターがない。代用に別のフィルターでできないのかな」

ベトナムコーヒー豆は、ベトナム旅行のお土産の定番でもありますが、フィルターがないという状況は結構あります。

ベトナムコーヒーはこのような専用のフィルター「カフェ・フィン」で淹れます。

中蓋でコーヒーの粉を圧縮し、エスプレッソのように濃いコーヒーを抽出します。

でもフィルターがなくても代用として普段使っているフィルターでも美味しいベトナムコーヒーを淹れることができます。

今回は「ベトナムコーヒーの豆があるのに専用フィルターがない」という人に向けて、代用品で美味しいベトナムコーヒーを淹れる方法を紹介します。

専用フィルターをお持ちの方は、その詳しい特徴や活用法が書かれた「ベトナムコーヒーは専用のフィルター「カフェ・フィン」で入れよう!」という記事をお読みください。

ベトナムコーヒー専用フィルターの代用

ベトナムコーヒーの特徴は、濃いコーヒーに練乳を入れるというものです。それで代用品を使う場合、この特徴を意識しておけば専用のフィルターがなくても美味しいベトナムコーヒーを飲むことができます。

ここでは代用品として以下の3つの方法を紹介します。

  • いつもの機器を使う
  • エスプレッソ抽出する
  • アイスコーヒーとして淹れる

いつもの機器で通常よりも濃く淹れる

あなたが普段使っている機器でベトナムコーヒーを淹れる場合、コーヒーの豆を通常より多く入れてください。

目安として通常の豆の量は1人分10〜12gが適量ですが、ベトナムコーヒーの場合はコーヒー豆を15〜20gが適量になります。

本場のベトナムコーヒーよりは少し薄く感じるかもしれませんが、日本人としてはかなり濃いので逆にこちらの方が飲みやすいと感じる人も少なくありません。

エスプレッソ抽出する

ご自宅にエスプレッソマシンがあるなら、エスプレッソ抽出すればベトナムコーヒーのフィルターの代用になります。

濃いコーヒーが好きという人は、この機会に購入してみるのもいいかもしれませんね。

こちらの機器はベトナムコーヒーの豆以外にも、フレンチローストした豆で淹れればエスプレッソコーヒーも作ることができます。

アイスコーヒーとして淹れる

本来ベトナムのアイスコーヒーは、氷たっぷりのグラスの上に直接専用フィルターを置いて抽出しますが、こちらも代用のフィルターでも美味しいベトナムコーヒーを淹れることができます。

ベトナムコーヒー豆50gをいつものフィルターにセットし、300ccのお湯を注いでください。

容器に氷をたっぷり入れれば、コーヒーが急速に冷やされくすみのない美味しいコーヒーができます。

ベトナム専用フィルターは意外と安い

「わざわざ買うほどでも」と思うかもしれませんが、意外と安いので一つ買っておいても損はないでしょう。

代用でももちろん美味しいベトナムコーヒーを飲むことができますが、専用のフィルターがあれば本格的なベトナムコーヒーを飲むことができます。

こちらの商品はyahoo!ショッピングで購入すれば、送料込みで500円もしません。

その発想はなかった!専用フィルターを使ったユニークな飲み方」では、ベトナムコーヒーの淹れ方の他に、ヨーグルトコーヒー、エッグコーヒー、ベトナム風カフェモカなど専用フィルターを使った色々なコーヒーの飲み方が簡単なレシピとともに紹介しています。

まとめ

ベトナムコーヒーは専用のフィルターがなくても、いつもより豆の量を多くして濃く抽出し、練乳を入れれば美味しいベトナムコーヒーを飲むことができます。

飲み方がわからない、とそのままにしておくとせっかくのベトナムコーヒーがどんどん鮮度が悪くなってしまいます。

コーヒーは新鮮さが命ですので、賞味期限にかかわりなくできるだけ早く飲むようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です