薄くならないアイスコーヒー新定番!氷コーヒーの作り方

暑い夏には氷いっぱいのコップにコーヒーを注いだアイスコーヒーは最高ですよね。

ほんのり苦いアイスコーヒーに牛乳をたっぷり入れたアイスカフェラテ派の方もいらっしゃるかもしれません。

でもアイスコーヒーは時間がたつにつれて氷が溶けてコーヒーが薄くなってしまいます。

あなたもアイスコーヒーの準備をしたのに、忙しくしていてふと気づいたらせっかくのコーヒーが薄くなってしまった…なんて経験はありませんか?

今回は時間がたって氷が溶けても全く薄くならない、氷コーヒーの作り方や美味しくなるポイントまた活用法を紹介します。

作り方はとても簡単で長期間保存できるので、今後暑い夏には必須のアイテムになるかもしれませんよ。

氷コーヒーとは

氷コーヒーとはアイスコーヒーを凍らせたもので、飲むときは牛乳などをで氷コーヒーを徐々に溶かしていきます。

アイスコーヒーは通常時間がたって氷が溶け薄くなっていきますが、氷コーヒーは氷がコーヒーなので溶けても薄くならず、むしろ味が変化していきます。

それで氷コーヒーは次のような人におすすめです。

氷コーヒーをおすすめする人
  • アイスコーヒーをゆっくり飲みたい人
  • アイスコーヒーをマイボトルに入れて持っていきたい人
  • アイスコーヒーを長期間保存していつでも飲みたい人
  • アイスカフェラテが好きな人

氷コーヒーの作り方

氷コーヒーの作り方はとても簡単です。

コーヒーを製氷皿に入れて冷凍する

以上です。美味しいコーヒーで氷コーヒーを作れば美味しいコーヒーができますが、それだけではなく次のような氷コーヒーならではのポイントがあります。

氷コーヒーを美味しく作る秘訣
  • 氷のサイズを調整する
  • 濃いコーヒーで作る
  • 保存の仕方に気をつける

毎朝コーヒーを飲むことが習慣になっている方は、少し多めに作っておいて余ったコーヒーを凍らせておけばいつでも好きな時に氷コーヒーを飲むことができます。

また本格的なアイスコーヒーを楽しみたいなら、アイスコーヒーとして作ったコーヒーを凍らせばいいですし、甘いのが好きな方は最初からガムシロップを入れて凍らせてもOKです。

何れにしても氷コーヒーは「コーヒーを製氷機に入れて凍らせる」が基本なので、アレンジはいくらでも可能です。

飲むコーヒーの種類によって氷のサイズを調整する

氷コーヒーはアイスコーヒーでもアイスカフェラテでも、あるいは子供が喜ぶデザート風も作ることができますので、飲みたいコーヒーの種類によって氷のサイズを調整してください。

コーヒーの種類氷の大きさ
アイスコーヒー大きい方がいい
アイスカフェラテ小さい方がいい
子供用可愛い氷にする
デザートクラッシュアイス

一度作ると匂いがついてしまいますので、氷コーヒーで作った製氷皿は専用のものを用意しておくことをお勧めします。

製氷皿や製氷機はいろいろな種類がありますので、この機会に次のような専用の製氷皿を買っておけばこだわりの氷コーヒーを作ることができますよ。

大きい氷が作れる製氷皿

こちらはアイスコーヒー用の大きな氷コーヒーが作れる製氷皿です。

シリコンで蓋付きなので匂いもつかないですし、丸いきれいな氷を作れますので、アイスコーヒーに最適です。もちろんアイスカフェラテにも使えます。

小さい氷が作れる製氷皿

アイスカフェラテように氷コーヒーを作りたいなら、小さい氷が作れる製氷機をお勧めします。

氷が小さいと牛乳がうまく混ざり合い、美味しいアイスカフェラテが素早くできます。下記のような蓋付きの製氷皿を使いましょう。

可愛い氷コーヒーが作れる製氷皿

お子様ようにアイスカフェラテを作りたいなら、スヌーピーやくまの形になる次のような製氷皿もあります。

デザート感覚を楽しみたいならクラッシュアイスメーカー

氷コーヒーのシャーベットやシャリシャリしたアイスカフェラテを作りたいなら、クラッシュアイスメーカーを手に入れましょう。

クラッシュアイスメーカーの中に氷コーヒーを入れれば手で揉み解すようにして、氷をシャーベット状にできます。

濃いコーヒーで氷コーヒーを作る

どのコーヒー豆でも氷コーヒーは作れますが、深煎りのコーヒー豆で作れば濃くて深みのあるアイスカフェラテやいつまでも濃い味を楽しめるアイスコーヒーを飲むことができます。

深煎りコーヒー豆とは、時間をかけて焙煎したもので濃い茶褐色の色合いに香ばしい匂いがする苦めのコーヒー豆で次のような種類があります。

  • 濃さが調整できるインスタントコーヒー
  • エスプレッソ用のコーヒー豆
  • アイスコーヒー用のコーヒー豆
  • ベトナムコーヒー豆

匂いがつかないよう氷はできるだけ密閉させる

氷コーヒーも匂いがつくと風味が損なわれますし、氷コーヒー自体が冷凍庫の匂いの原因になってしまいます。

冷蔵庫で凍らせた氷が溶けた水はちょっと変な味がしますよね。あれは冷凍庫に入っている肉や魚などいろいろな食材などの匂いがついてしまっているからです。

匂いができるだけ映らないように、蓋付きの製氷皿を使うかラップをかけるなどして、その後ジプロックなどで完全に密封するようにしてください。

密封すればそれだけ保存期間も伸びます。できれば72時間以内には消費しておきたいところですが、完全密封した氷コーヒーは10日を過ぎても風味がほとんど変わっていませんでした。

【アレンジ自在】氷コーヒーのいろいろな飲み方

氷コーヒーの一般的な飲み方からアレンジを加えたものまで紹介します。

まずは定番!アイスカフェラテ

氷コーヒーをコップに入れて牛乳を注ぐだけで、薄くならないアイスカフェラテを作れます。牛乳は生乳100%のできるだけ濃いものを使ってください。

最初は牛乳の割合が多いので「コーヒー風味の牛乳」でこれはこれで美味しいのですが、だんだん氷コーヒーが溶けてコーヒーの割合が強くなり本格的なアイスカフェラテになります。

ステンレスマグカップに入れれば何杯もおかわりできる

氷がなかなか溶けないように設計されているステンレスマグカップに氷コーヒー を入れてのべば氷コーヒーがなかなか溶けません。

それでたっぷりと氷コーヒーを入れておいて、なくなったら牛乳を継ぎ足せば何杯もおかわりできます。

勉強や仕事でこもっている人などにおすすめです。

いつまでも薄くならないアイスコーヒー

アイスコーヒーに普通の氷を入れる代わりに氷コーヒーを入れれば、冷たいアイスコーヒーがいつまでも薄くならない不思議なアイスコーヒーが出来上がります。

氷コーヒーをアイスコーヒーで飲む場合、氷にちょっとでも匂いがつくと不味くなってしまいますので、「匂いがつかないよう氷はできるだけ密閉させる」の見出しで解説したことを徹底してください。

マイボトルに入れて缶コーヒー代を節約しよう

マイボトルに氷コーヒーで作ったアイスコーヒーを入れておけば、1日中冷たくて薄くならないアイスコーヒーを外出先でも楽しめます。

アイスコーヒーはコンビニで買えば100円程度で買えますが、それでも毎日飲めば年間36,500円です。

ネットで100g当たり100円の安いコーヒー豆を買えば年間で30,000円以上の節約になりますし、逆に100g当たり1,000円の高級コーヒーを飲むこともできます。

浮いたお金でこだわりのマイボトルやコーヒー用の機器を買ってみるのもいいかもしれませんね。

ココアと牛乳を加えればアイスカフェモカも

スタバやドトールで人気のアイスカフェモカも、氷コーヒーがあれば簡単に作ることができます。

  1. コップに牛乳(130cc)とココアを入れてアイスココアを作る
  2. 氷コーヒー(50g)を入れて完成

下記のような冷たい牛乳に溶けないタイプのココアが便利です。

シャリシャリのコーヒーデザートはいかが?

氷コーヒーは砕けばシャーベット状になりますので、最初から甘いコーヒーを作っておけばデザートにもなります。

  1. コーヒーにお好みで牛乳と砂糖を入れる
  2. フリーザーパックにコーヒーを入れて冷凍庫で凍らす
  3. 凍ったら袋の上で氷を砕く
  4. シャーベット状になった氷コーヒーにを器に入れてバニラを添える

お子様などカフェインの量が心配な方には、カフェインレスで作った氷コーヒーをお勧めします。

子供に大人気!カフェインレス・氷カフェラテ

子供も甘いカフェラテが大好きですが、できるだけカフェインは少なくするようにしましょう。

日本ではカフェインの最大摂取量は規定していませんが、食品安全委員会によりますと、カナダ保健省が推奨する子供の年齢とカフェイン最大摂取量を次のように設定しているからです。


・4~6 歳児:一日に 45 mg 未満
・7~9 歳児:一日に 62.5 mg 未満
・10~12 歳児:一日に 85 mg 未満
・13 歳以上の青少年:一日に 2.5 mg/kg 体重未満

引用元:食品安全委員会「食品中のカフェイン」より
http://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

アイスコーヒー(180g)にはおよそ100mgのカフェインが含まれていますので、牛乳で半分に割れば50mgとなります。

さらにカフェインの少ない水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)や、ノンカフェインのコーヒーで氷コーヒーを作っておけば、カフェイン量は30mg以下になりますのでお子様にあげても安心です。

アイスコーヒーのカフェイン量、水出しコーヒーの作り方、ノンカフェインのコーヒーについては次の記事で詳しく解説しています。

【まとめ】氷コーヒーは薄まらない・簡単・アレンジ自在

氷コーヒーといってもコーヒーを氷にするだけですが、たったそれだけで様々なメリットがあることがわかりました。

夏の期間中は冷凍庫に氷コーヒーが常備してあれば、いつでも気軽に美味しいカフェラテが飲めますのでとても便利ですよ。

冬でも余ったコーヒーを氷にしておけば保存が効くので、気が向いた時にアイスコーヒーを飲んでみたり牛乳と一緒にレンジでチンしてホットカフェラテを楽しむこともできます。

最後に氷コーヒーを作るのが面倒臭いという方のために、ドトールで販売している美味しい氷コーヒーを紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です