朝活とはただの早起きではない!勉強・副業・趣味など可能性は無限大

「朝活ってよく聞くけど具体的に何をするんだろう…」

「朝活」という言葉に興味があるあなたは、朝の時間を有効に活用して何かをしたいと思っていることと思います。

「でも早起きはちょっと苦手…」と少し二の足を踏んでいませんか?

確かに朝活は一時期ブームになり多くの人が挑戦しましたが、残念ながらその多くは続けることができずにやめてしまいました。

しかしそんな中でも朝活を続けている人は一定数いて、彼らは目標に向かって確実にステップアップしています。

もし今から朝活を始めるなら、あなたがずっとしたいと思ってなかなかできなかったことができるようになるかもしれません。

この記事は朝活のモチベーションを上げるためのメリットや、失敗につながりかねないデメリットとその対策を解説します。

どうぞこの記事を読んで、朝活の第一歩を踏み出してみてください。

朝活とは

朝活とは朝活動の略で「朝の時間を活用して建設的なことを行う」という取り組みのことです。

昔からある言葉で「就活」(就職活動の略)や「婚活」(結婚活動)というものがありますが、朝活はそれらを真似て2008年頃から使われるようになりました。

朝の時間は朝ごはんを食べて仕事の準備をし、通勤するためだけに使うという人がほとんどですが、朝活はその前の1時間か2時間を「活動」のために取り分けますので、1日を有意義に使うことができます。

朝の時間お気に入りのカフェで自分のやりたかったことをする…なんてちょっと素敵だと思いませんか?

朝活でできること

朝活でできることには、次のようなものがあります。

  • 朝早く起きて出社する前に本を読む
  • 朝早く起きて出社する前に勉強をする
  • 朝早く起きて出社する前にランニングする
  • 朝早く起きて出社する前に副業をする
  • 朝早く起きてしたかった趣味をする
  • 朝活の交流会に参加する
  • 朝早めに仕事を始めて残業をしない

これらは全て毎日生活していく中でなかなか出来ないことです。朝活をすることによってこれらを毎日定期的に行うことができますので、素晴らしい成果を収めることができます。

朝活の基本スタンス

朝活の基本スタンスは、毎日同じ時間に起きて活動を始めることです。

それであなたが学生であるとしても主婦であるとしてもサラリーマンであるとしても、土日も含めて毎日継続的に朝活を行うことが大切です。

「でも休日くらいはゆっくり休みたい」と思って遅く起きてしまうと、平日の朝活を始める日には体が重く起きられなかったり集中力が落ちたりしてしまい、続けるのが大変になります。それで朝活をする上で定期性はとても大切です。

毎日同じ時間に起きて同じことを始めることにより、体が朝早く起きることに抵抗を感じなくなり、朝起きる時も朝予定していた活動を行う時も、辛い思いをすることなくできるようになります。

朝活と早起きの違い

早起きがただ朝早く起きるという漠然とした行動であるのに対し、朝活には常に目標があります。

  • TOEICで700点以上取りたい
  • 家族と過ごす時間を取りたい
  • 副業を始めてみたい
  • 本を読んで自分の見方を広げたい

これら素晴らしいことを実現するためには、必然的に朝の時間を取り分けるしかないということから朝活という概念は生まれました。

さて朝活を始める上でスケジュールは必須です。これらの予定をどのようなスケジュールで行うかについては、「大事なのは夜の時間?朝活を始めて長続きした人のスケジュールを公開」で詳しく解説していますのでぜひお読みください。

朝活のメリットデメリット

朝活を始める前に、メリットデメリットをよく考慮した上で行うのは大切なことです。

メリットを考えておくことは、朝活を始める動機付けになりますし、デメリットを知っているとあらかじめデメリットに備えて対処することができるからです。

朝活のメリット

朝活のメリットは、次のようなものがあります。

  • 継続できる時間が確保できる
  • 集中力が高まり生産性が高まる
  • 脳や体にいい

仕事から帰った後も夜活は出来ますが、夜の時間は急に予定が入ったり、体が疲れていたりしますが、朝は起きることができさえすればいくらでも自由な時間が手に入ります。

しかもその時間は頭が冴えていて集中力が高まるので、勉強や作業効率としてもも優れた効果を発揮できる時間帯です。

朝活の動機付けを高めるために

これらの記事を読むと朝早く起きる動機付けをさらに高めることができます。

朝活のデメリット

朝活のデメリットは次のようなものです。

  • 日中眠くなる
  • 土日に疲れが溜まってしまう
  • 早く寝ると夜の活動が限られてしまう

共通するのは眠気や疲れです。せっかく朝早く起きても、日中どうしようもない眠気に襲われて作業ができなくなったり、土日は朝起きた分昼寝てしまったりしたら意味がありません。

しかしこれら朝活のデメリットとしてあげられていることは、「睡眠の質を上げること」と、「日中 短い仮眠をとること」で対処することができます。

朝活のデメリットに対処するために

これらの記事は睡眠の質を高め朝スッキリと起きることができ、日中の眠気に対処するのに役立ちます。

まとめ

朝活とは目的を持って朝活動することで、日頃したくてもできなかった勉強や副業などを朝の自由な時間を活用して行うことです。

多くの人が寝ている間に活動を始めるというのは簡単なことではありませんが、朝活は払った犠牲以上の価値が必ずあるということ保証します。

このサイトでは睡眠に関係する裏ワザを順次公開していきますので、これらの情報を参考にしながら、ぜひ朝活に挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です