睡眠の質を上げるチョコレート!効果やおすすめのナイトチョコレートを紹介!

スポンサーリンク




画像引用元:グリコ公式サイトより

睡眠の質を上げるチョコがあるってほんと?どうしてチョコを食べるだけで睡眠の質が上がるの?

夜チョコレートを食べる「ナイトチョコレート」が今話題になっています。

チョコレートを食べるとホッとするのは、チョコレートに含まれているGABAというリラックス成分のおかげ。でも…

  • なんでリラックスすると睡眠の質が上がるの?
  • いつチョコレートを食べると睡眠の質を上げるのにより効果的なの?
  • 睡眠の質を上げる効果が高いおすすめのチョコレートは?

とあなたも疑問に思うかもしれません。この記事では上記の質問に答えながら、あなたの睡眠の質を上げる方法を提唱します。

睡眠の質が上がれば夜すぐに眠れるようになるだけでなく、朝もスッキリと起きられるようになり、日中も眠くなくなります。

そんな一日中影響を及ぼす睡眠の質が、美味しいチョコレートを食べるだけで改善できるなんて凄いことだと思いませんか?

どうぞこの記事を最後まで読んで、あなたの睡眠の質を上げていきましょう。

ナイトチョコレートが睡眠の質を上げるのはなぜ?

ベトナムの高カカオチョコレートMAROU
ベトナムの高カカオチョコレートMAROU

チョコレートが睡眠の質を上げるのは、GABAというリラックス成分や睡眠を促す成分を作り出すトリプトファンという成分が含まれているからです。

日本睡眠学会所属医師坪田聡氏は睡眠の質を上げる魔法のサプリメントとして、次の3つを上げています。

  1. GABA
  2. トリプトファン
  3. グリシン

チョコレートはこの3つのうちの2つが含まれていますので、サプリメントを買わなくても睡眠の質を上げることができるんですね。

GABAとトリプトファンがなぜ睡眠の質を上げる効果があるのか、詳しく解説します。

リラックス成分GABA

チョコレートを食べると睡眠の質が上がるのは、GABA(γ-アミノ酪酸)というリラックス成分が含まれているからです。

眠れない時に「眠らないと、眠らないと」と思うとよけい眠れなくなりますよね。それは交感神経が高まって神経がたかぶってしまうから。

GABAは交感神経と逆の働きをしている、副交感神経を刺激してリラックスした状態になるのでで、眠りの質が上がるんです。

「睡眠の質を高めるチョコレート」を開発しているグリコは、睡眠に悩みを抱えている人がGABA(γ-アミノ酪酸)100mgを7日間食べたことによって、2.2%睡眠が深くなり、起床時の目覚めが改善されたという試験結果を報告しています。

GABAが睡眠の質を上げることを証明する試験結果
画像引用元:グリコ公式サイトより

辛口コメントで有名なひろゆき氏なら、「GABAがリラックス効果があるなんてなんて頭の悪い人が信じてるんすよね」というかと思うかもしれませんが、GABAに対して意外な見解を示しています。

猫や土を食べなくてもチョコレートを食べればGABAを摂取できるなら、チョコのほうがいいと思いませんか?

睡眠を促す成分を作るトリプトファン

グリコのおかげでチョコレートにGABAが含まれていることはだんだん知られるようになってきていますが、実はチョコレートには睡眠の質を上げる別の成分「トリプトファン」も豊富です。

このトリプトファンは脳内で日中では気分を向上させるセロトニンという物質に、夜になると自然な睡眠を促すメラトニンという物質に変化しますので、睡眠の質を上げるといわれています。

睡眠の質が上がれば朝の目覚めも良くなりますが、朝起きて光をしっかりと浴びればメラトニンの分泌は止まり、メラトニンの分泌から14時間後に再びメラトニンの分泌が始まります。

Suzuki

つまり7時に起きて日光をしっかり浴びれば21時から少しずつ眠くなって寝る準備が始まるということですね。

このようにチョコレートなどトリプトファンが多い食材を食べると、夜眠くなって朝早く起きるというとても良いサイクルになることが期待できます。

何時に食べるとナイトチョコレートで睡眠の質を上げることができる?

ミルクチョコレート(左)とダークチョコレート(右)
ミルクチョコレート(左)とダークチョコレート(右)

チョコレートは夕食後できるだけ早く食べることをおすすめします。

夜に美味しいチョコレートを少し食べれば、GABAの効果でリラックスして、そのまま睡眠に入りやすくなり睡眠の質も上がるからです。

もともとナイトチョコレートは欧米の5つ星ホテルの、いわゆる「欧米流おもてなし」の一環でしたが、このチョコの成分のGABAに注目が集まりました。

ただ寝る前にチョコレートを食べると虫歯の原因になってしまいますし、チョコを食べた後寝る直前に歯を磨くと歯茎がマッサージされて目が覚めてしまいます。

夕食後ゆっくりしているときにチョコを食べて、歯を磨いて、少ししてから寝る。これがおすすめの睡眠の質を上げるナイトチョコレートです。

太りたくない人はチョコレートを3時に食べるのもおすすめ

チョコレートは太るイメージ強いと思いますが、実は太るか太らないかはチョコレートを食べる時間帯が関係しています。

日本大学薬学部の榛葉繁紀教授によりますと、甘いものを食べても脂肪を溜め込まない時間体のピークは午後2時〜4時の間で、その後夜に向けて脂肪が溜め込みやすくなり午前2時〜4時がピークのようです。

3時のおやつの時間というのがありますが、実は甘いものを食べてもそれほど太らない嘘のような時間帯だったんですね。

しかもチョコレートに含まれているトリプトファンは午後に食べても、夜になると睡眠を促すメラトニンになりますので睡眠の質を上げる効果は依然としてあります。

ただし体内リズムが崩れていると夜になってもメラトニンを分泌しなくなりますので、朝強い光を浴びて体内リズムを整える必要があります。

朝なかなか起きられないという人は、朝自然な光で起こしてくれるトトノエライトのような光目覚まし時計を使うとメラトニンの分泌が正常になり、朝スッキリと目が覚め夜自然に眠れるようになります。

チョコレートのカフェインは大丈夫なのか

チョコレートは種類によってカフェイン量が全然違いますので、まずチョコレート1枚(50g)のカフェイン量をコーヒー1杯(150ml)と比較してみましょう。

種類カフェイン量(mg)
ミルクチョコレート14
ホワイトチョコレート2
ダークチョコレート(カカオ70%)35〜60
コーヒー1杯80〜90

カカオ成分が多い方が睡眠の質を上げる成分も多く含まれているんですが、カカオ成分が多いとカフェインも多く含まれていることになります。

ただ上記の表はチョコレート1枚分のカフェイン量なので、1枚の半分程度のチョコレートなら、コーヒーと比べるとそれほど多くのカフェイン量ではありません。

カフェインが睡眠の質がどれほど影響するかは体質によりますので、基本的には少しのチョコレートなら夕食後に食べることをおすすめしますが、カフェインに弱い人はミルクチョコレートを少し食べるか、ダークチョコレートなら午後3〜4時までに食べるようにしてください。

睡眠の質を上げるおすすめのチョコ

ミルクチョコレートよりもダークチョコレートのほうが睡眠の質を上げることができます。

なぜならダークチョコレートは、ミルクチョコレートよりもトリプトファンが多く含まれているからです。

ここではそれ以外の数あるチョコレートの中から、睡眠の質を上げるためにおすすめできるチョコを紹介します。

睡眠の質を高めるメンタルバランスチョコレートGABA for Sleep

睡眠の質を高めるメンタルバランスチョコレートGABA for Sleep

最もおすすめなのが脅威の売り上げを誇る「ストレスを軽減するGABAメンタルバランスチョコレート」の新しいシリーズ「睡眠の質を高めるメンタルバランスチョコレートGABA for Sleep」です。

睡眠の質を高めるチョコがおすすめできるのは次の理由があるからです。

  • 3粒で100mgのGABA配合
  • カフェイン量は3.5g(推定)
  • 機能性表示食品である

ストレスを軽減するGABAが5粒で28mgのGABAが含まれているので話題になりましたが、睡眠の質を上げるチョコGABA for Sleepはたった3粒で100mgのGABAが配合しています。

先ほど紹介した試験でもGABA(γ-アミノ酪酸)100mgを7日間食べたことで睡眠の質が上がりましたので、たった3粒食べるだけで睡眠の質が上がることが期待できます。

カフェイン量が記載されていませんでしたが、ダークチョコレートではないため3粒(12.5g)あたりの推定カフェイン量はたったの3.5g。ほとんどの人が気にしなくていいレベルです。

しかも消費者庁に届出をした「機能性表示食品」であることも安心できますよね。

一箱12粒入っていますので、とりあえず1週間分の2箱買って夕食後に食べてみるのはいかがでしょうか。

罪悪感なしに好きなだけ食べられる太らないチョコ!ドクターズチョコレート


もう一つおすすめしたい砂糖不使用で罪悪感フリー!【ドクターズチョコレート】天然由来成分のみを使っていて食べても太らない上に、砂糖を使っていないので虫歯になりにくい夢のようなチョコレートです。

最高級のベルギーチョコレートを使っているので、味もとてもいいのですが砂糖の代わりにWHOが認める安全な甘味料「マルチトール」を使用。

なのでこのドクターズチョコレートを食べた後のGI質(糖質)が野菜と同じなので全く太る心配がなく、医師95%、薬剤師96%、管理栄養士98%も推薦しています。

ダイエット中の人や美味しいチョコレートを好きなだけ食べたい人、また寝る前にチョコレートを食べたい人におすすめです。

今までは一部の調剤薬局のみで販売されていましたが、今回インターネット通販で買えるようになったので紹介します。

砂糖不使用なのに美味しい【ドクターズチョコレート】

【まとめ】睡眠の質を上げるナイトチョコレートを食べて快適な生活を

気持ちよく眠る女性

今回は睡眠に質を上げるナイトチョコレートについて解説しました。

この記事のまとめ
  • チョコにはリラックス成分のGABAと睡眠を促す物質を作り出すトリプトファンが含まれているので睡眠の質が上がる
  • 夕食後に100mg分のGABAを7日間食べると睡眠の質を上げる効果が高まる
  • 太りたくない人やカフェインに弱い人は午後2時〜4時にチョコを食べる
  • 3粒で100mg分のGABAが入ったチョコや、食べても太らないチョコも販売している

好きでもない食べ物や味のないサプリではなく、美味しいチョコレートを食べてリラックスしながら睡眠の質も上げることができるなんて素晴らしいと思いませんか?

どうぞあなたの1日のルーティンに、「美味しいチョコレートを少し食べる」ことを習慣にしてみてください。

睡眠の質が上がれば朝早く起きても日中眠くなくなりますので、朝活を始めることもできます。

朝活のためのカフェに入ろうとしている

睡眠の質を上げる食品

  • 魚介類、特にしじみ(グリシン)
  • 乳製品・バナナ等(トリプトファン)
  • 大豆・発芽玄米(GABA)
  • 乳酸菌食品(乳酸菌)

この中でとりわけおすすめするのはキムチです。キムチはチョコレートと同様にGABAとトリプトファンが含まれている上に、睡眠の質を高める腸活に直接影響する乳酸菌が非常に多いからです。市販のキムチは乳酸菌が少ないものが多いですが、手作りのキムチは乳酸菌がたくさんいます。

気持ちよく眠る女性

睡眠の質を上げるサプリ

睡眠の質を上げる魔法のサプリメントは「GABA、トリプトファン、グリシン」ですが、こちらのサプリ「スヤナイトα」はGABAとトリプトファンに加え、ヨーロッパで大注目のエッセンシャルハーブ「バレリアンエキス」や「カモミールエキス」が含まれています。

睡眠の質を上げるためには一定の期間定期的に摂取する必要がありますので、気軽に飲めるサプリは体質を確実に変える助けになります。

公式サイトで定期購入すれば割引になりますし、2回以上の継続で解約することもできますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

→ グリシン・トリプトファン配合!アミノ酸サプリ【スヤナイトα】

定期購入ならずーっと15%OFF

睡眠の質を上げる成分の分泌を高めるグッズ

チョコレートはメラトニンを作るトリプトファンという成分が含まれていることを解説しましたが、そのメラトニンの分泌は光でコントロールできます。

光目覚まし時計トトノエライトは、好きな時間にメラトニンを分泌できるようコントロールできる新しいタイプの目覚まし時計です。これにより夜は自然に眠くなり、朝は好きな時間にすっきりと目が覚めるようになります。睡眠の質を高める他の朝活グッズと共に参考にしてください。

ダニ・アレルギー・カビ・ウイルスで睡眠の質を下げないグッズ

ハウスダストなどに悩んでいるアレルギー体質の人は、ダニのかゆみなど外部から睡眠の質を妨げない処置をしておく必要があります。

ダニは掃除機、洗濯機、天日干しで死なないので対処が難しいのですが、ROCKUBOTは全自動でダニ・カビ・有害な菌・新型ウイルスなどを駆除してくれます。アレルギー体質の人は詳しく書かれた次の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。