これで劇的に変わる!美味しいコーヒーを飲むための3条件とは

本当に美味しいコーヒーを飲みたいなら、コンビニやカフェで払うお金をコーヒー豆や器具に費やしましょう。

なぜなら比較するとわかりますが例え高いコーヒー豆を買っても、外で飲むコーヒーと比べるとかなり安く飲めるからです。

コーヒーの種類1杯あたりの値段1年毎日飲んだ時の値段
ドリップコーヒーSをスタバで飲む319円(店内税込)116,435円
ブレンドコーヒーSをドトールで飲む224円(店内税込)81,760円
セブンイレブンのホットコーヒーRを買って飲む100円(税込)36,500円
自動販売機で缶コーヒーを飲む130円(税込)47,450円
スペシャリティーコーヒーをカフェで飲む880円(店内税込)321,200円
100g当たり100円のコーヒー豆を自宅で飲む10円3,650円
100g当たり400円のコーヒー豆を自宅で飲む(スタバハウスブレンド)40円14,600円
100g当たり700円のコーヒー豆を自宅で飲む(スペシャリティーコーヒー)70円25,550円

このように比較しますと、コーヒーは「自宅で飲む」のは「外で飲む」と比べて

10分の1程度の値段になることがわかります。

さすがにスペシャリティーコーヒーやスタバのコーヒーを毎日カフェで飲む人は少ないと思いますが、最も安いセブンイレブンのコーヒーでさえ年間にすると1人当たり数万円も差が出てきます。

100g当たり700円のスペシャリティーコーヒーでさえ、自宅で飲めば缶コーヒーを買う半値で飲める計算になります。

この記事ではより美味しいコーヒーを飲むために、外で飲むコーヒーにお金をかける代わりに自宅で飲むコーヒー豆やコーヒーの器具にお金をかける方法を提案します。

ちょっとした点を気をつけるだけで、コーヒーがとても美味しくなる3つの条件も解説しますので、この記事を読み終わったらぜひ実践してみてください。

美味しいコーヒーを飲むための3条件

コーヒーを美味しく飲むためには、美味しいコーヒー豆を買うだけでなく次の3つの条件が必要です。

  1. コーヒー豆の新鮮さ
  2. 美味しい水
  3. コーヒーの入れ方

それぞれを詳しく解説しながら、より美味しいコーヒーにするためのコツや方法を紹介します。

(1)コーヒー豆は種類よりも新鮮さが大事

コーヒー豆は賞味期限内ではなく、できるだけ焙煎1ヶ月以内の挽きたてコーヒーを飲むようにしましょう。

美味しいコーヒーを飲みたいという人は、まず高いコーヒー豆を買おうとするかもしれません。

確かにコーヒーが美味しいかどうかはかなりの程度値段に比例しますが、安くてもコーヒー豆が新鮮なだけで美味しいコーヒーを飲めます。

スーパーなどで買うコーヒー豆は焙煎してから売れるまでに時間がたっているものが多く、「賞味期限内のコーヒー豆」ではあっても「新鮮なコーヒー豆」ではないのがほとんどです。。

そこでお勧めしたいのは、購入直前に焙煎したコーヒー豆をネット通販で買うことです。この記事の最後では、ネットで買えるお勧めのコーヒー豆を紹介しますのでどうぞ参考にしてください。

コーヒーミルを買おう

新鮮なコーヒーを飲むためにはコーヒーの粉ではなく豆を買って、飲む直前にコーヒーミルでコーヒー豆を挽くようにしましょう。

コーヒー豆は挽いて粉にするとすぐに鮮度が落ちてしまい、香りが急激にぬけていってしまいます。また粉の状態は豆の状態よりも空気に触れやすくなってしまいますので酸化しやすくなります。

コーヒーミルは一度買えばこれからずっと新鮮なコーヒーを飲むことができるのでそれほど高い投資ではありません。にはなりませんので、自宅でコーヒーを飲む方はぜひコーヒーミルを買ってみてください。

コーヒーミルはそれぞれ特徴がありますが、今回は数あるコーヒーミルの中で厳選して3つを紹介します。

名称:カリタコーヒーミル KH-3
タイプ:臼式手動
説明:古くから愛されているカリタのコーヒーミルです。シンプルなデザインで飽きがきません。粉受けは最大55g(4〜5人分)の容量がありますが、軽量でコンパクトなので登山やキャンプなどにも持っていけます。豆を挽く粗さも調整できますので自分好みのコーヒーを作ることができます。

名称:カリタ電動コーヒーミル CM-50
タイプ:カッター式(プロペラタイプ)電動
説明:毎朝コーヒーを飲む方にとって手動タイプはかなり大変です。それでこのミルは安くて性能もいい電動ミルが欲しいという人にお勧めのコーヒーミルです。中粗挽きにしか設定できませんが、「値段は2,000円ちょっと」とリーズナブルです。メーカーはカリタですので評判も良く「初めて買うコーヒーミル」として長く愛されています。

名称:カリタナイスカットG♯61101
タイプ:カッテイングタイプ(コニカル刃)電動
説明:喫茶店でも採用されている本当に美味しいコーヒーを追求する方にお勧めのコーヒーミル。値段は決して安くありませんが、挽いた後のムラや微粉の少なさは他のコーヒーミルと比べてもトップクラスです。豆を挽く粗さも自由に調整できますので、ハンドドリップやエスプレッソなどコーヒの入れ方に合わせて自由に調整することもできます。

コーヒー豆は常温で保存しよう

コーヒー豆は常温保存が基本です。このような保冷箱にお菓子などについている乾燥剤を入れてください。

コーヒー豆は冷蔵庫や冷凍庫に入れるといいという人もいますが、実際「コーヒー豆を冷蔵庫から取り出して入れているカフェ」を見たことはあるでしょうか?

コーヒー豆を冷蔵庫や冷凍庫に入れると湿気がついてしまい、コーヒーの鮮度は一気に落ちてしまいますので出来るだけ高温多湿を避けて常温で保存します。

ただし開封したものを長期間常温で保存していると腐ってしまうこともありますので、その場合冷蔵庫ではなく冷凍庫に入れてください。

使用する分だけコーヒーを取り出したなら、残りの豆は湿気がつかないようにすぐに冷凍庫に戻すようにしましょう。

しかし本当に美味しいコーヒーが飲みたいなら、冷凍庫に入れなければならなくなる前に飲み切って新しいコーヒー豆を買うことをお勧めします。

(2)美味しい水でコーヒーを入れよう

美味しいコーヒーには水にもこだわりましょう。旅行に行って飲んだコーヒーがとても美味しく感じるのは、その時の気分だけではなく現地の水が美味しいからです。

名水100選で選ばれている水を汲んできて使えばコーヒーはとても美味しくなりますが、手に入るのが難しいなら最低限次の点は気をつけてください。

  • お湯は二度焚きしない
  • 安くてもいいので水道水は浄水器を通す
  • ミネラルウオーターを使うなら軟水を使う

美味しいコーヒーを飲みたいなら軟水がいいといえる理由

好みにもよりますが、美味しいコーヒーを飲みたいなら硬水より軟水が一番です。フランスやイタリアでエスプレッソやカフェラテが人気なのは水が硬水だからです。

硬水はミネラル分が多すぎてコーヒー成分の抽出を妨げてしまいます。またコーヒー豆の苦味や渋み成分を引き出すのでエスプレッソ以外はあまり美味しくなりません。

逆に大型のスーパーなどにも置いてあるRO水(純水)はミネラル分がゼロなので美味しいですが、それゆえにコーヒー成分の抽出が過ぎて雑味やえぐみが出てしまいます。

このようにコーヒーにとってミネラル成分は邪魔ですが、少しはあったほうがいいので美味しいコーヒーのためには美味しい軟水が最適です。

そこで本当に美味しいコーヒーを美味しい水から入れたいという人に紹介したいのが、世界一水がきれいなフィンランドから汲んだ「オーロラウォーター」です。

この水はヒルトンなど5つ星ホテルやミシュランに選ばれたレストランも採用している、「水にこだわりたい人のための水」です。この水で料理はもちろんコーヒーの味が劇的に変わります。まろやかで飲みやすいコーヒーになります。

もう一つ紹介したいのは「シリカ水の浄水器Welvina」です。日本の水道水は軟水なので精度の高い浄水器を通せば美味しいコーヒーが飲めますが、ただ美味しいだけでなく体にいいコーヒーを飲みたいという人にお勧めです。

シリカ(ケイ素)とは人間の臓器や器官ほとんど全てがを栄養素としている基本的な成分です。シリカを摂取すると、とりわけ髪の毛、骨、血管組織が強くなります。シリカ水のもう一つの特徴は、温度に強いというもので100度以上のお湯になっても、成分は全く失われませんのでコーヒーに使うのに最適なんです。

(3)美味しいコーヒーができる入れ方

美味しいコーヒーを入れるために大切なのは、「蒸らし」「温度」「入れ方」です。これらの点を注意しながら次のステップでコーヒーを入れてください。

ここで紹介するのはコーヒー1人分(コーヒー豆:10g、水160cc)なので、人数が増えるごとに以下のそれぞれの量を倍数にして調整してください。

  1. お湯を多めに沸かし、沸騰したらコーヒーカップにお湯を入れてカップを温める
  2. お湯の温度を95度前後にするため沸騰してから約3分待つ
  3. 20ccのお湯を「の」の字を中央から描くように入れる
  4. コーヒー豆を蒸らすため膨らむのを待つ
  5. 80ccを90秒かけて注ぐ
  6. 40ccを45秒かけて注ぐ
  7. 20ccを20秒かけて注ぐ
  8. 最後の数滴は捨てる

このように美味しいコーヒーを入れるためには少し時間がかかりますが、最初にコーヒーカップを温めていますのでちょうどいい温度で飲むことができます。コーヒーを入れたらすぐに酸化が始まりますので出来るだけ30分以内で飲むようにしてください。

朝起きるのが楽しみになる!ネットで買えるおすすめの美味しいコーヒー豆3選

すでに解説した通り新鮮なコーヒー豆はネットで買うのが1番確実ですが、ここではそんなネット通販で買えるコーヒー豆の中で、本当に美味しいお勧めの3種類を紹介します。

全てのコーヒー豆は注文してから焙煎しますので、新鮮なコーヒー豆を買うことができます。

美味しいコーヒーが定期的に送られる「森のコーヒー」

ブラジル・エチオピアにある契約農家から直接買い入れしている農薬・化学肥料を一切使わないこだわりのコーヒー豆です。銀座カフェーパウリスタでこのコーヒーを実際に飲むことができますが、10分の1の値段で飲めます。一番人気の「森のコーヒー」200gと月替りコーヒー160gの定期コースなので、毎月違ったコーヒーも飲めて飽きませんし、特別価格で飲むことができます。

名称:森のコーヒー(定期コース)
値段:200g+160g 税込1,801円(1杯あたり50円)

一度飲んだら他のコーヒーが飲めなくなる!?「珈琲きゃろっと」

次の紹介するのが、数々の雑誌や新聞で取り上げられたこともある話題のコーヒー豆です。「もう以前のコーヒーが飲めません」という口コミをもらっているほど、人気は凄まじくリピーターが非常に多いのが特徴のコーヒーです。本来の値段は倍以上しますが、とりあえずお試しセットだけでも買ってその後気に入ったら続けて購入してみてください。

名称:珈琲きゃろっと(お試しセット)
値段:200g×2 税込2138円(1杯あたり53円)

スーパーレベルの値段で本格的!「加藤珈琲」

最後に紹介するのは100gあたり128円とスーパー最安値レベルの安さ、手軽の値段で買いたいという人にお勧めの加藤珈琲です。味は先に紹介した「森のコーヒー」や「珈琲きゃろっと」と比べると少し劣るものの、スペシャルティコーヒーの「Qグレードコーヒー豆」30%を使用した本格的な味のコーヒーを楽しめます。ただし2キロセットなので保存には気をつけてできるだけ早くお飲みください。

名称:加藤珈琲(怒涛のコーヒー豆セット)
値段:500g×4 税込2,570円(1杯あたり13円)

【まとめ】美味しいコーヒーは自分好みの豆や入れ方を知っておこう


美味しいコーヒーを飲むための3条件を解説しました。これ以外は自分の好みを知っておくことが大切です。

例えばコーヒーフィルターは金属フィルターのほうが本当のコーヒーを飲めるという人がいますが、金属フィルターから出るコーヒーオイルが苦手という人もいます。

コーヒー豆の美味しさはある程度値段に比例していますが、安いコーヒー豆でも美味しく感じるものはたくさんあります。

どうぞこの記事を参考にして自分だけの味を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です