同じ味は存在しない?ジャコウネココーヒーの味に隠された秘密とは

「ジャコウネコのフンから採取したコーヒー」これを聞くとまず気になるのが、「味や衛生面で本当に大丈夫なのか」ということではないでしょうか。

まずジャコウネココーヒーの衛生面の観点からいいますと、全く問題はありません。

なぜならコーヒーの実は非常に硬い殻に覆われていますので、ジャコウネコのフンと一緒に排出されたコーヒー豆は物理的にフンにとく接触していないからです。

フンから取り出したコーヒーの実は洗浄して、固い殻から中のコーヒー豆を取り出し、高温で焙煎しますのでジャコウネココーヒーには大腸菌のような菌は全くついていません。

そしてジャコウネコが食べたコーヒーの実は「ジャコウネココーヒーの腸」というユニークな環境の中で、独特の味を引き出すことになります。

今回は高くてなかなか手を出すことができないジャコウネココーヒーの味と、その隠された味の秘密について迫ります。

ジャコウネココーヒーの味

ジャコウネココーヒーの味はなかなか形容し難いのですが、次のような特徴があります。

  • バニラのような味
  • あっさりしている
  • かすかなフルーティーな香り
  • コーヒーの香りは少ない
  • フンの臭いや味は全くない

あとは飲んでみた人でないと、味は表現できません。

もちろん普通のコーヒーとは全く違う味というわけではなく、普通のコーヒーとして飲むことはできます。

コーヒーに興味がない人にとってはジャコウネココーヒーと普通のコーヒーの味の違いはわからないかもしれません。

しかしコーヒー好きにはわかるこの独特の味は、言葉で表現するよりもその要因となっている事柄を説明する方がわかりやすいかもしれません。

ジャコウネココーヒーの味につながる要因

ジャコウネココーヒーの味には2つの事柄が要因となっています。

  1. ジャコウネコの消化酵素
  2. ジャコウネコが厳選していること

ジャコウネココーヒーは偽物がたくさん出回っていますが、これらの要素を理解すると何が偽物かを自ずと判断できるようになります。

ジャコウネコの消化酵素による味と香り

ジャコウネコはコーヒーの果実を食べ、種子に当たるコーヒー豆(およびその周りについている殻)は丸呑みして消化されないまま腸へと運ばれます。

腸内でジャコウネコの消化酵素や腸内細菌に浸かったコーヒー豆は、たんぱく質やカフェインが溶け出して発酵します。

これによりジャコウネココーヒーのあの独特の香りや、形容し難い味へとつながります。

ジャコウネコのフンから採取したコーヒー豆

天才コーヒー職人ジャコウネコがブレンドした豆

ジャコウネココーヒーの味に関係しているもう一つの要素には、ジャコウネコの野生の勘が関係しています。

天然のジャコウネコはコーヒー農園に生息する数あるコーヒーの木から、最も美味しいコーヒーの実を選んで食べますので厳選された味になっています。

それはちょうど優れたコーヒー職人が、素人にはわからない職人としての勘や経験により複数のコーヒー豆から最も美味しいコーヒーの豆を厳選してブレンドするように、ジャコウネコは人間にはない野生の勘と本能で最も優れたコーヒーの豆を厳選して食べます。

それで同じ場所で生産されたジャコウネココーヒーでも、日によってジャコウネココーヒーの味が違うというのも、ジャコウネココーヒーの魅力の一つです。

飼育されたジャコウネココーヒーの味は少し違う

飼育されたジャコウネコによるジャコウネココーヒーは天然のものと基本的に味は似ていますが、野生の勘による厳選された味ではありません。

ジャコウネコの人気に目をつけた業者は、ジャコウネコを乱獲して狭い檻の中に閉じ込め本来肉食であるジャコウネコに無理やりコーヒーの実を食べさせて大量生産しています。

動物虐待に当たるといった倫理的なことに加え、飼育されたジャコウネココーヒーを偽装して「天然のジャコウネココーヒー」として販売しているものもありそれらの点が一部で非難されているという事実はあります。

この記事はジャコウネココーヒーの味を解説するのが目的ですので、動物虐待に値するかどうかについては論じません。

また偽装はしないで飼育されたジャコウネココーヒーとはっきりと表示している業者もたくさんあり、値段は天然のものと比べて半値以下で販売しています。

飼育されたジャコウネココーヒーは、天然のものと比べて基本的に味は劣るものの会社によっては他の豆と上手にブレンドして提供しているものもありますのでそれはそれで価値があると言えるでしょう。

なおジャコウネココーヒーの偽物の特徴や本物のジャコウネココーヒーの見分け方については、「ジャコウネココーヒーは偽物だらけ!本物の特徴と見分け方」をお読みください。

格安のジャコウネココーヒーの味は偽物

ベトナムやインドネシアのバリなどに行くと、普通のコーヒー豆と同程度の値段で販売されているジャコウネココーヒーがあります。

この場合ジャコウネココーヒーの香りがする液体を付けているだけの完全な偽物ですので、味も偽物です。

ただしこちらも「香り付け」とはっきり表示している会社もあり、高いお金は出したくないけど珍しいコーヒーを飲んでみたいという人には価値があるともいえるかもしれません。

「ジャコウネココーヒーの香り付」と店の人が正直に説明してくれました。
ある意味で本物ともいえるかもしれません。

ベトナム、インドネシア、日本ではジャコウネココーヒーの味が違う

ジャコウネココーヒーとは、ジャコウネコのフンから採取したコーヒーのこと指しますので、インドネシアで淹れたコーヒーとベトナムで淹れたコーヒーでは味が違います。

ベトナムは専用のフィルター「カフェフィン」でエスプレッソのように濃く抽出したものに、好みでコンデンスミルクを入れて飲みます。

インドネシアはカップにコーヒーの粉とお湯を注いでかき混ぜた後、コーヒーの粉が沈んだら上澄みだけを飲みます。

日本では多くの人はコーヒーメーカーやハンドドリップなど、ドリップコーヒーを飲んでいます。

ジャコウネココーヒーはどの飲み方でも美味しく飲むことができますので、現地の飲み方で試してみてください。

まとめ

ジャコウネココーヒーは独特の香りとあっさりしているのが特徴で、これはジャコウネコの消化酵素が関係しています。

天然のジャコウネコは最も良いコーヒーの実を厳選して選んでいますので、人間では決して見つけることができないコーヒー豆をブレンドしてくれます。

最終的にはジャコウネココーヒーの味は飲んでみないとわかりませんので、この記事を読んで興味が出たならぜひ通販で買ってみてください。

by カエレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です