ベトナムドン両替裏ワザ!両替方法全てとお得な方法を紹介!

「ベトナム旅行に行くけど現地のお金はどこでいくらくらい両替したらいいのだろう」
「ベトナムで長期滞在する予定だけどお得に両替する方法はないかな?」

海外旅行に行くとどうしても現地のお金が必要になりますが、外貨の両替には思った以上に高い手数料が取られます。

せっかく物価が安いのが魅力なベトナムなのに、両替するだけで手数料をたくさん取られるなんて嫌ですよね。

でもどうぞ安心してください。ベトナムでは両替がとても簡単にできるだけでなく手数料がほば無料になる方法があるんです。

今回はベトナムの通貨に両替する主要な方法全てを解説し、その中から最も安くしかも手軽に両替をする裏ワザを紹介します。

ベトナムレートの計算方法や、ベトナムドンをいくら両替したらいいのだろうという疑問にもお答えしますので、どうぞ最後までお読みください。

ベトナムのお金について

ベトナムの両替について説明する前に、まずベトナムのお金について知っておきたい基本的な点を解説しますね。

ベトナムで流通している通貨

ベトナムで流通しているお金10種

ベトナムでは現在硬貨は流通しておらず、流通しているのは次の10種類です。

ベトナムドン(VND)日本円
500ドン約2円
1,000ドン約5円
2,000ドン約10円
5,000ドン約25円
10,000ドン約50円
20,000ドン約100円
50,000ドン約250円
100,000ドン約500円
200,000ドン約1,000円
500,000ドン約2,500円

500VND以下はほとんど流通されていませんので、持っていても支払いを拒否されることがあります。お釣りが500VND以下の場合は、切り上げされるか代わりに飴をくれる場合がほとんどです。

安い買い物で50,000ドン札を出すと露骨に嫌な顔をされますので、大きいお金はできるだけ崩しておきましょう。

日本円に換算する時はゼロを2つとって5で割るが原則!

ベトナムのお金を日本円で換算するときは、「ゼロを2つとって5で割る」ようにすれば素早く計算することができます。

例えば10,000ドンが日本円でいくらになるか知りたい場合、次のように計算します。

  1. 10,000のゼロを2つとる→100
  2. 100を5で割る→5050円

レートは日々変わりますが、この計算の仕方をすれば日本円で大体いくらかがすぐに計算できます。

3桁は省略することもあるので注意

ベトナムの通貨は桁後大きいので、次のように3桁を省略したりKで表したりすることがありますので注意が必要です。

3桁を省略した表示例

上の写真で例えばこの場合MACCHIATO(マキアート)は60と表示されていますので60,000ドンということになります。この場合「ゼロを1つ足して2で割る」という計算方法になります。

  1. 60にゼロを1つ加える→600
  2. 600を2で割る→300300円

詳しいベトナムのレートはアプリが便利

2020年8月01日現在100円=21,901VNDですが、両替をする時など正確なレートを知りたい時や、瞬時に正確に計算したいときは次のようなアプリが便利です。

Smart Coin
Smart Coin
開発元:Alexandra Mazurina
¥120
posted withアプリーチ

上記のアプリは6カ国の最新為替レートを瞬時に計算してくれますので、非常に便利です。無料ですのでベトナムに行く前にダウンロードしておいてください。

特に大きな買い物をして値段がいくらかわからなくなったときは、このようなアプリで確認して一旦日本円で確認してから買うようにしておきましょう。

ベトナムドンへ賢く両替する方法

お金を海外のお金に両替する方法は次のようにたくさんありますが、その中にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

両替する方法メリット・デメリット手数料
日本の空港で両替日本語で対応できるのが安心だが手数料が高い上乗せレート:10%以上
手数料:約300円
ベトナムの空港、銀行、ホテルで両替をする手数料が比較的安い所もあるが日本語が通じない上乗せレート:5〜10%
町の貴金属ショップで両替一番お得に両替できる方法だが、日本語が通じない上に法的な危険もある上乗せレート:−1%〜0
現地のATMでクレジットカードを使って両替をするATMがあればどこでも両替できる。英語が話せなくても両替ができる。手数料もかなり安い。ATM手数料:0円〜200円
利息:0%〜

ベトナムは正しい意味でいうと、ATM(自動金融窓口業務機)ではなくCDM(キャッシュディスペンサーマシーン)です。ベトナムのCDMは入金や送金ができないなどいくつか制限がありますが、ATMと同様出金はできますのでこの記事ではATMと表記しています。

【裏ワザ】ベトナムドンは「VPbank」のATMで両替すると手数料が無料

VP BANK
VP BANKのATM

クレジットカードで手数料ゼロ!海外でお得に両替や買物をする裏技」で紹介したように、海外のATM手数料が無料になるかどうかはクレジットカードの種類によります。

しかしベトナムの「VP Bank」という銀行のATMなら、なぜか全てのクレジットカードのATM手数料が無料になりますので、VP Bankを見かけたらできるだけこのATMで引き出すようにしてください。

VP Bankはハノイやホーチミンの空港などを含めベトナム全国にたくさんありますので、緑の看板を目印に見つけ出してみてください。

VP Bankは1回5,000,000VND(約25,000円分)しかおろせませんが、何回引き出しても手数料無料ですので心配はいりません。

繰上げ返済でできるだけ早く返そう

クレジットカードでATMからお金を引き出すとキャッシングしていることになりますので、繰越返済※で早く返せば返すほど手数料(つまり利息)を最小限に抑えることができます。

基本的にはキャッシングした日から引き落とし日までの期間利息がとられますが、多くのクレジットカードはカード会社に電話すると繰越返済ができます。

ただし海外で繰越返済をするためには国際電話を使う必要がありますが、ペイジーが使えるならスマホで簡単に返済できます。

返却日手数料(利息)ペイジーが可能なクレジットカード
即日ほぼ0%アコムACマスターカード
3日後およそ0.3%セディナカードJiyu!da!
エポスカード(電話なら3日だがペイジーにすると2週間かかる)
繰上返済しない1〜2%全てのクレジットカード

Pay-easy(ペイジー)を使った簡単な繰上げ返済の方法については、次の記事ででわかりやすく解説しています。

ベトナムドンが上がるかどうかはドルの動きがカギ

国際的に見てマイナー通貨のドンは情報が少ないですが、米ドルの動きを見ればベトナムドンの動きも予想できます。

ベトナムは事実上ドルペッグ制※にしていますので、米ドルの動きとほぼ連動しているからです。
※ドルペッグ制とは自国の通貨を米ドルの為替レートと一定の割合で保つようにする制度のこと

実際ベトナムドンと日本円は日々変化がありますが(つまり日本円と米ドルの動きとほぼ同じ)、ベトナムドンと米ドルはこの2年間1USD=23,200VND前後で一定しています。

ベトナムドンが上がった時に両替をするとより多くの日本円を払わなければならなくなりますので、どうせ両替をするなら円高ドン安の時にしておきたいものです。

【危険あり】貴金属ショップは通常のレートよりも多くもらえる?

色々なサイトでベトナムは貴金属ショップのレートが最も良いと紹介されていますが、それどころか交渉次第では通常のレートよりも多くもらえることがほとんどです。

例えば2020年2月28日付の為替レートは10,000円=2,125,267VNDですが、貴金属ショップで両替すると2,200,000ドン以上になります。(交渉すると場合によってはさらに上がります。)

これは通常の銀行などが公表しているレートとは違うレート(これを”闇レート”というかかどうか判断はお任せします)を使っているからで、貴金属ショップが使っているレートは日本円が高い傾向にあります。

しかしこのような貴金属ショップは両替業務が認められていないケースが多く、次のようなトラブルが報告されています。

メコンデルタ地方カントー市人民委員会は23日、両替業務が認められていない宝飾店で100USD(約1万1100円)を両替したとして、グエン・カー・レーさん(男性・38歳、同市ニンキエウ郡在住)に9000万VND(約43万5000円)の罰金を科すほか、レーさんが宝飾店から受け取った両替済みの230万VND(約1万1000円)を没収すること決定した。

VIET JO 2018/10/26 02:32 JST配信「宝飾店で100USD両替、男性に罰金9000万VND」より
https://www.viet-jo.com/news/social/181026013340.html

2019年12月31日には規制が緩和され、1,000USD(約11万円)未満相当の外貨両替は警告処分だけになり、少額の両替なら罰金を払うことはなくなりました。

ここでホーチミンとハノイのレートが高い貴金属ショップを紹介します。

ただし「警告される可能性がある」ということを考えますと、何かトラブルにあった時も法的対処をしにくくなりますので利用するかどうかは自己判断でお願い致します。

ホーチミンのレートがいい貴金属店:HÀ TÂM

ハノイのレートがいい貴金属店:Hà Trung通り(複数ありますがどこも両替を扱っています)

ベトナムで現金はいくら必要?

旅行中特に大きな買い物の予定がなければ、1人当たり1,000,000〜2,000,000ドン(約5,000〜10,000円)引き出しておけば十分でしょう。

ベトナムでは以下のように外国人が観光で行くようなところはほとんどクレジットカードが使えますし、現金が足りなくなったら手数料のかからないVP bankのATMで引き出すことができます。

それでカードが使えるところはできるだけカード払いにしておけば、それほど現金を持ち歩く必要がなくなります。

お金を使う場所クレジットカードの使用
ホテルほとんど使える
タクシー選べば使える
スーパー、コンビニほとんど使える
レストラン個人の店では使えないところがある
カフェ個人の店では使えないところがある
屋台、食堂使えないところが多い
お土産屋さん使えない店もある
マッサージ使えない店もある。(現金でチップが請求されることもある)
その他個人店使えないところが多い

※ベトナムでクレジットカードが使え、かつ安心して乗れるタクシーは次の通りです。

・Taxi Group(タクシーグループ)赤いラインのついた白の車体が特徴(写真左)
・Mai Linh(マイリン)緑の車に緑のネクタイをした運転手が特徴(写真右)

ただし肝心の運転手がクレジットカードの使い方がわからない場合がありますので、現金も持ち合わせておいた方が無難です。

Taxi Group
Mai Linh

お手持ちのクレジットカードの国際ブランドがJCBしかない方は、現金を多めに引き出しておくことをお勧めします。ベトナムのATMはほとんどの場所がJCBのマークがありますが、なぜかJCBだけはお金が引き出せないというトラブルが多発しています。いずれにしてもベトナムに行く際には楽天カードのようなMasterCardかVISAの国際ブランドがあるカードを一枚持っておくと安心です。

余ったベトナムドンは空港で両替してくれる

ベトナムドンが終わったら空港で円に両替してくれますが、在ベトナム日本国大使館公式ホームページでは次のような見解を示しています。

ベトナム滞在中に外貨から両替した現地通貨(ドン)の外貨への再両替については、500米ドルあるいは同額相当の外貨までは旅券及び航空券の提示のみ、それ以上の額の場合は更に外貨を現地通貨に両替した際の外貨交換証(記名のあるもの)の提示が必要です。ただし、再両替の規定は流動的なため、外貨から現地通貨(ドン)への両替は必要最小限に留めておくことが無難でしょう。

また、在留邦人は、ベトナム国内で銀行から引き出した外貨のうち、限度額(5,000米ドル相当)を超える額を国外に持ち出す場合は、当該銀行から許可証の発給を受け、それを 携行する必要があります。

引用元:在ベトナム日本国大使館「ベトナム出入国情報」

ドン高円安になることを想定して日本に持ち出そうとしている方は、しかるべき手順が必要になっていますので注意ください。

ベトナムは定期預金をすれば金利が6%近くあり税金もかかりません。1年以上滞在するビザやレジデンスカードがあるなら、外国人でも簡単に定期預金をすることができます。

興味ある方は「知らないと損!ベトナムの銀行は金利が高いので口座開設は必須!」をお読みください。

【まとめ】ベトナムドンの両替はクレジットカードでVP Bankから引き出そう

ただでさえ慣れない外国の紙幣なのに、ベトナムドンは単位が大きくて間違いやすいのでショッピングはできるだけクレジットカード払いをお勧めします。

それでも現金は必ず用意しておく必要がありますので、クレジットカードを使ってATMから引き出してください。

VP bankのATMならどのクレジットカードを使ってもATM手数料が無料ですので、必要な時に最小限に引き出すことができます。

なお海外でクレジットカードをお得に使う記事について興味ある方は、次のボタンをクリックすれば興味深い記事を読むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です