初心者なのになんでこんなに美味しい?アイスコーヒーの作り方5選

ホットコーヒーは自宅で作るけどアイスコーヒーは外で買ってしか飲まないという方いらっしゃいませんか?

アイスコーヒーはホットコーヒーよりも作るのに手間がかかるし、そもそもどうやって作ったらいいかわからないという人は少なくありません。

でもアイスコーヒーはちょっとしたコツを覚えれば、あなたも喫茶店にあるような綺麗で美味しいアイスコーヒーを作ることができます!

この記事では本格的なアイスコーヒーに加えて、自宅で手軽にできる5つのアイスコーヒーの作り方を紹介します。

この記事を最後まで読めば味の好みや生活スタイルに合わせて、誰もが気軽に美味しいアイスコーヒーを作れるようになります。

まずアイスコーヒーの特徴を知っておくことが大切

アイスコーヒーはホットコーヒーと作り方が違いますので、まずアイスコーヒーの特徴や基本的なことを知っておくことは大切です。

アイスコーヒーを作る前に知っておきたいことは次の通りです。

挽き方細挽き〜中挽き豆が細挽きだと濃くて苦味が強い。粗挽きだとバランスよく成分が出る。
焙煎深煎り(フレンチロースト)豆は深く煎ると苦味が強く酸味が弱くなる。豆の色は濃い色になる。
抽出ホットコーヒーよりも濃く抽出するお湯の線を細くし、時間をかけてゆっくり入れると濃く抽出できる
温度温度を急激に下げるコーヒーの香りや味をそのまま封じ込める

これらはあくまで基本ですので、あとは好みで微調整してみてください。それではそれぞれの点について詳しく解説していきますね。

挽き方はコーヒーを入れたときの器具に合わせよう

挽き方はアイスコーヒーかホットコーヒーかではなく、器具に合わせて調整するのが基本です。

コーヒーの挽き方は全部で12種類まであるのがほとんどですが、大まかに分けると以下の5種類になります。

挽き方お勧めの器具見た目
極細挽きエスプレッソ上白砂糖くらい苦味
酸味が少ない
細挽きエスプレッソ、水出しコーヒーグラニュー糖くらい苦味とコクが強く酸味が少ない
中細挽きペーパードリップ、コーヒーメーカー、水出しコーヒー一般的なコーヒー豆バランスのとれた味わい
中挽き水出しコーヒー、ペーパードリップ、コーヒーメーカー、サイフォン、ネルドリップ、カフェフィン(ベトナム式フィルター)、フレンチプレス、金属フィルター小さいザラメ糖程度酸味がしっかり出てすっきりとした味わい
粗挽きフレンチプレス、パーコレーター、金属フィルター大きいザラメ糖程度酸味が強く苦味が少ない

成分がバランスよく出る中細挽きが基本で間違いがありませんが、温度は低ければ低いほど酸味を感じやすくなりますのでホットコーヒーよりも細かめに挽いたほうがバランスのとれた味わいになります。

またコーヒー豆は細ければ細いほど豆にお湯が触れやすくなるので、苦味やコクがしっかり出るという特徴もあることを覚えておきましょう。

深煎りのアイスコーヒーは酸味を抑えられる

先ほども解説した通り冷たい飲み物は酸味を感じやすいので、酸味を抑えた深煎りのコーヒー豆でアイスコーヒーを作れば酸味のバランスがとれたすっきりとした味わいになります。

事実「アイスコーヒー用のコーヒー豆」として販売されているものは、深煎りのフレンチローストがほとんどです。

しかし浅煎りのコーヒー豆で作った酸味のキリッとしたコーヒーもとても美味しいので、あとは好みです。

最近はサードウェーブの影響で浅煎りのコーヒー豆で作るアイスコーヒーも人気が出てきていますので、深煎りコーヒー豆にこだわらずいろいろなコーヒー豆を試してみましょう。

じっくり抽出すると深みのある濃いコーヒーを抽出できる

コーヒーを入れるときはお湯の線を細くして時間をかけてじっくり抽出することにより、氷を入れて薄まったとしてもそれに負けない濃いコーヒーを抽出できます。

次の見出しでも解説しますが、アイスコーヒーは熱いお湯で入れたコーヒーを急激に冷やすのがポイントですので、できるだけ濃いコーヒーを抽出する必要があります。

単純に粉の量を増やせばそれだけ濃いコーヒーができますが、それだと不経済ですのでコーヒーの入れ方で濃さを調節してください。

ここで裏ワザ

コーヒーを入れる時、最初に抽出されるものが最も美味しく次第にえぐみが出てくるという特徴があります。最後の数滴は捨てるというのは大原則ですが経済的なことを気にしないでとにかく美味しいアイスコーヒーを作りたいなら、粉の量を増やして抽出が始まったら早めに捨てるなら、コーヒー豆の美味しい部分だけを抽出できます。

氷を入れて急激に下げれば香りや風味が逃げない

コーヒーは入れたあと時間が経つごとに香りや風味が逃げてゆき嫌な酸味が目立ってきますので、30分以内に飲む必要があります。

しかし熱いコーヒーをすぐに冷やせば香りや風味をそのまま閉じ込めてくれるだけでなく綺麗な琥珀色のアイスコーヒーができます。

それでコーヒーを抽出した後すぐに氷を入れてマドラーなどでかき混ぜて、できるだけ「急激に」コーヒーが冷えるようにしてください。

溶け残った氷は取り出して捨てて、新しい氷を入れれば喫茶店出てくるような綺麗なアイスコーヒーができます。

アイスコーヒーの味を邪魔しない綺麗で美味しい氷を作るために、氷を作るための水は塩素やカルキを除去できる浄水器を利用しましょう。また冷凍庫の匂いが氷につかないように製氷皿を含め冷凍庫は定期的に洗うようにしてください。

美味しいアイスコーヒーの作り方5選

氷コーヒーから作ったアイスカフェラテ

アイスコーヒーはちょっと手間がかかる基本的な作り方もありますが、コーヒーメーカーで作るホットコーヒーよりも簡単にできるものもあります。

  1. アイスコーヒーとして作る
  2. 普通のコーヒーを冷やす
  3. 水出しコーヒーから作る
  4. インスタントコーヒーから作る
  5. 氷コーヒーから作る

コーヒーを作るのにどれくらい時間をかけられるかは、人によって異なります。いくら美味しいアイスコーヒーの作り方がわかったとしても、忙しい中毎回時間を取れない人もいますよね。

手軽さはもちろんですがそれぞれ味が全く違いますので、一度全種類作ってみて自分にあったアイスコーヒーの作り方を見つけてみてください。

基本の美味しいアイスコーヒーの作り方

ポイントは、深煎りのコーヒー豆を通常の2倍分の粉の量を入れ急速に冷やすというものです。以下の手順に従ってコーヒーを入れてください。

アイスコーヒーを入れるポイント
  • 通常のホットコーヒーの2倍分の量を入れる
  • 通常のホットコーヒーよりも時間をかけてゆっくり入れる
  • 急速に冷やすため、抽出したコーヒー液が直接氷に当たるようにする
  • 残った氷は薄くなるのを避けるためドリッパーを使うなどしてすぐに捨てる
  1. サーバーに氷をたっぷり入れてその上にドリッパーを置く
  2. 95度のお湯(沸騰させてから1分程度置いた時の温度)を使い、「の」の字を描くように入れる
  3. 1分ほど蒸らす
  4. 再び「の」の字を描いてコーヒーを抽出する
  5. ドリップが終わったら早めに抽出中の豆を捨てる

深煎りのコーヒー豆をお勧めしますが、酸味のあるキリッとしたアイスコーヒーを飲みたいならホットコーヒーで飲む浅煎りの豆を使っても美味しいです。

個人的には深煎りのコーヒー豆はアイスカフェラテにすると美味しいのですが、ブラックの場合浅煎りのコーヒー豆の方が飽きずで毎日飲むことができます。

なお粉の量と急速に冷やすという点を除けば、美味しいコーヒーの作り方の基本はホットもアイスも同じです。次の記事は美味しいコーヒーの作るポイントを解説していますので、本当に美味しいアイスコーヒーを飲みたい方は参考にしてください。

意外と美味しい!普通のコーヒーを冷やしたアイスコーヒー

あえて書くほどでもないように思えるかもしれませんが、作りすぎたコーヒーを冷蔵庫に入れて冷やせばアイスコーヒーができます。

「アイスコーヒーとして作る」のと比べると香りが抜けて酸味が強くなってしまいますが、それが逆に美味しく感じる方もいらっしゃいます。

ポイントは冷蔵庫に入れる時はできるだけコーヒーを密封状態にすることで、これだけでもアイスコーヒー用の豆で作ったコーヒーとはまた違った酸味のきいた味を楽しめます。

夜にコーヒーを作っておいて冷蔵庫に入れておけば、忙しい朝でも翌朝マイボトルに入れるだけで美味しいアイスコーヒーを持ち歩くことができます。

カフェインカット!水出しコーヒー

お茶パックに挽いたコーヒー豆を入れて、冷蔵庫に8時間入れるだけで水出しコーヒーができます。具体的な作り方は以下の記事を参照にしてください。

①お茶パックにコーヒー豆を入れる
②ピッチャーにコーヒー豆の入ったパックを入れる
③冷蔵庫に入れて4〜8時間寝かせる(抽出時間は好みです。冷蔵庫に入れる前に常温で1時間置いた方がおいしいと感じる人もいます。)
④抽出し終わったらコーヒーパックを取り出して捨てる(コーヒーパックを取り出すのは早ければ早いほどカフェイン量は少なくなります)

引用元:「アイスコーヒーのカフェイン量は?一日の摂取量や減らす方法も解説」より

水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)は、アメリカ発祥の新しいアイスコーヒーですが、日本でもスタバを中心に人気が出始めています。

今までとは全く違う新しいアイスコーヒーの味をぜひ試してみてください。

手軽で簡単!インスタントコーヒーで作るアイスコーヒー

インスタントコーヒーは、名前の通り手軽に作るためのコーヒーですが、レギュラーコーヒーと比べて美味しくないという印象を持っている人は少なくありません。

私たちが普段飲んでいるコーヒーは「アラビカ種」ですが、インスタントコーヒーはベトナムでよく使われているような「ロブスタ種」という独特の苦味のある品種を使っている場合がほとんどです。

しかしこれは人の好みの問題で、「アイスコーヒーの場合はインスタントコーヒーの方が美味しい」と感じる方も一定数おられます。

またインスタントコーヒーは、沸騰させたお湯を1分置いて冷ませたくらいの温度(約95度)で、それぞれのメーカーが表示している目分量をぴったり守った分量でコーヒーを作るとそれだけでかなり味が良くなります。

最近はインスタントコーヒーの味も下記の商品のようにかなりレベルが上がっているものが増えています。水で溶けるタイプなのでアイスコーヒー用にもぴったりです。

薄くならない不思議な氷コーヒーから作ったアイスコーヒー

氷コーヒーは、上記の4つの方法で作ったアイスコーヒーを製氷皿に入れて冷凍庫で凍らせたものです。

コーヒー自体が氷になりますので、牛乳やアイスコーヒーを入れると氷を入れたときのように冷えますが、時間がたっても薄まらず、むしろ時間と共に味が濃くなり味の変化を楽しめます。

牛乳を加えれば味の濃い美味しいアイスカフェラテになりますが、コーヒーに氷コーヒーを入れれば薄くならないアイスコーヒーができます。

次の記事は氷コーヒーの作り方のコツや活用方法など詳しく解説しています。

【まとめ】自分のあったアイスコーヒーの作り方を見つけよう

ベトナムのアイス・マカデミアナッツコーヒー。世界にはいろいろなアイスコーヒーがあります。

最後に今まで紹介したアイスコーヒーの作り方をまとめてみましょう。

アイスコーヒーの作り方
作り方手軽さその他お勧めの人
アイスコーヒーとして作る◎香り高くすっきりとしたクリアな味上手に作ると見た目もとても綺麗になる本格的なアイスコーヒーを飲みたい方
普通のコーヒーを冷やす◯香りが抜け酸味が強く出る酸味がきいて意外と美味しいマイボトルに入れて気軽に飲みたい方
水出しコーヒー◯すっきりしてまろやかな味カフェインが減るカフェイン少なめのまろやかな味が好きな方
インスタントコーヒーから作る△インスタントコーヒーはアイスコーヒーに合うという意見もある水で溶けるインスタントがお勧めインスタントの味が好きな方、気軽に濃いアイスコーヒーを飲みたい方
氷コーヒー◯味の変化が楽しめる氷が溶けても薄くならないアイスコーヒーの氷が溶けて薄くなるのが嫌な方

意外なことかもしれませんが、アイスコーヒーはアメリカを含む欧米の多くではそれほどメジャーではありませんでした。

日本でも熱い夏にもコーヒーはホットで飲むという人はよくいますが、寒い冬にアイスコーヒーを飲むという人は少ないですよね。

それが近年アメリカではコールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)を中心に、アイスコーヒーの消費が急激に高まっています。

ホットコーヒーにはホットコーヒー、アイスコーヒーにはアイスコーヒーの良さがあり、どちらも追求していけば魅力がたくさんあります。

この記事を読んでアイスコーヒーの新しい魅力に気づき、冬でも飲んでみたいと思えるほどアイスコーヒーを好きになってくれたら嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です