水で劇的に味が変わる!アイスコーヒの適した硬度・PH値・温度

コーヒーの味を左右する決め手となるものの中にコーヒー豆の種類、焙煎、挽き方、器具、入れ方などいろいろありますが、その中で最も重要なものの一つが「水」です。

なぜならコーヒーの成分のうち98〜99%は水分だからです。

そして水の種類がどのようにコーヒーに影響を与えるかを知っておけば同じコーヒー豆を使っているのに全く違う、よりあなたの好みの味になるアイスコーヒーが飲めるようになります。

今回は水の硬度・PH値、温度からアイスコーヒーに適した水とは何かを解説し、それぞれを調整するための器具やお勧めの水も紹介します。

アイスコーヒーを作る水の硬度は中硬水がお勧め

水の硬度とコーヒー

私たちの舌は冷たいものを飲むと酸味が強く苦味が弱く感じる傾向がありますので、アイスコーヒーならそれぞれを中和させるために酸味を弱く苦味を強くなるようにコーヒーを抽出するのが基本です。

なので、ホットコーヒーなら軟水ですがアイスコーヒーは中硬水がお勧めです。

また酸味の強さが魅力的なコーヒー豆のアイスコーヒーなら酸味が強調さえる軟水でアイスコーヒーを作るなど、好みや使う豆あるいは焙煎方法などによって水の硬度を変えてみるのも面白いところです。

それでは5種類の水がアイスコーヒーを作るときにどのように影響するかを詳しく解説します。

純水(蒸留水)で作るアイスコーヒーの味は雑味が出てしまう

蒸留水やRO水は飲むと美味しいですのでアイスコーヒーを作っても美味しいような気がしますが、実は純水は質感や酸味などコーヒーの良質な味の決め手となる部分が抽出されませんので逆に雑味のある味になってしまいます。

なぜなら純水は不純物を全て取り除いているのが魅力ですが、それと共にミネラル成分をすべて除去していますので、コーヒーの質感や酸味を引き出すためのカルシウムやマグネシウムがないからです。

純水で作ったアイスコーヒーを売りに出しているところもあり、なんだかまろやかな美味しい味に仕上がっていそうな気がするかもしれません。

しかし実際にはコーヒーの良い部分も悪い部分も引き出していないアイスコーヒーになってしまいますので、少しでもいいですので硬度、つまりミネラル成分があったほうがアイスコーヒーは美味しくなります。

軟水で作るアイスコーヒーの味はまろやか

軟水で作るコーヒーはミネラル分が反応しやすく、酸味が強調されながらもマイルドで舌触りの良いアイスコーヒーに仕上がります。

好みによりますが軟水で作るコーヒーは苦味が少し抑えられますので、キーンと苦味の効いたアイスコーヒーが好きな方は少し物足りなさを感じるかもしれません。

一方水のミネラル成分に邪魔されないとにかくまろやかな味を楽しみたい方は軟水でアイスコーヒーを作ってみてください。

なお日本の水道水や売っているミネラルウォーターのほとんどは軟水です。

中硬水で作るアイスコーヒーの味は口当たりがしっかりしている

中硬水で作るコーヒーもミネラル分が反応しやすいのですが、ミネラル分が多いだけに口当たりがしっかりしたアイスコーヒーに仕上がります。

酸味が少し抑えられ苦味が強調されますので、アイスコーヒーに最も適した水の硬度といえるでしょう。

中硬水で淹れるホットコーヒーは少し口当たりが重くて飲みにくく感じますが、アイスコーヒーならそのボディ感が心地よく感じます。

硬水で作るアイスコーヒーの味はかなり重たい

ミネラル分の多い硬水で作るアイスコーヒーは、口当たりが重いアイスコーヒーとなります。

硬水に最も適しているのはエスプレッソですが、硬水からくる苦味のアイスコーヒーが好きという人もいます。

硬水でアイスコーヒーを作るなら、どちらかというとドリップやコーヒーメーカーよりもエスプレッソ抽出したコーヒーをアイスにする方が苦味のきいた美味しいアイスコーヒーになりお勧めです。

非常な硬水で作るアイスコーヒーは飲みにくい

非常な硬水は鉄分などミネラル成分が多く、これがコーヒーのタンニンと結合して舌触りが硬くなって飲みにくくなってしまうのであまりお勧めできません。

超硬水はアイスコーヒーに使うよりも洋風の煮込み料理、またはミネラル補給のためにそのまま飲むのに適しています。

硬度を調整出来るミネラル浄水器TK-CS40

硬度を3段階調整出来るミネラル浄水器TK-CS40

硬水で作ったアイスコーヒーを飲みたくても、毎回硬度が高いミネラルウォーターを買うのはちょっと大変ですよね。

そこでお勧めしたいのが、ミネラル成分を追加して硬度を自由に調整出来るミネラル浄水器です。

ミネラル浄水器の中にはポット型タイプのものもありますが、あまり自由に硬度を調整できないものがほとんどです。

しかしこの「据置型のミネラル調理浄水器」は上記の写真にあるように3段階調整できますので、中軟水やで作るアイスコーヒーや硬水で作るアイスコーヒーなどその違いを楽しめます。

塩素やトリプトファンなどコーヒーの味にも影響する有害物質を取り除く高い浄水機能もついていますので、コーヒーの味そのものが上がります。

とりわけ豆や焙煎方法とはまた違う高い硬度で作った独特の苦味のあるアイスコーヒーを飲みたい方は、ぜひこのミネラル浄水器を試してみてください。

アイスコーヒーを作る水のPH値は弱アルカリ性がお勧め

水のPH値とコーヒー

アイスコーヒーは弱酸性、中性、弱アルカリ性のどれも美味しく飲むことができますが、酸味がまろやかになる弱アルカリ性がお勧めです。

弱アルカリ性の水で作るアイスコーヒーの味はまろやか

弱アルカリ性で作ったアイスコーヒーはコーヒーの酸味を調和させ苦味が加わります。

アイスコーヒーに最適な酸味が少なく苦味が少しきいており、かつまろやかなアイスコーヒーとなります。

中性の水で作るアイスコーヒーは無難な味

PH値7前後の中性の水で作るアイスコーヒーは、良く言うとコーヒー本来の味を、悪く言うと当たり障りの無い無難な味を楽しめます。

まず中性の水でアイスコーヒーを作って飲んでみて、まろやかさや酸味が欲しい、あるいは抑えたいなと感じるらPH値を少し変えてみてください。

弱酸性で作るアイスコーヒーの味ははっきりしている

弱酸性の水で作るアイスコーヒーは、想像通り酸味が強いアイスコーヒーになります。

コーヒー自体が酸味がありますので、弱酸性の水で作ることによってより酸味が強調され味がはっきりします。

PH値を調整出来るアルカリイオン浄水器TK-AJ11

PH値を調整したければ、弱酸性、中性、アルカリ性と自由に調整出来るアルカリイオン製水器がお勧めです。

アルカリイオン製水器にはいくつか種類がありますが、こちらの商品は安心のパナソニック製。スリムで置き場所にも困りません。

また約20%の節水機能があり、カートリッジの寿命が高いのでランニングコストが低い、というメリットも見逃せません。

もちろん浄水機能も高く塩素などの不純物のほとんどを取り除いてくれます。

アイスコーヒーを作る時の水の温度は95度 飲む時の温度は4〜6度

アイスコーヒーは沸騰してから約1分のお湯(90〜95度)でコーヒーを淹れ、そのまま氷で急冷するとキリッとした苦味のあり、かつ透明感のあるクリアなアイスコーヒーが出来ます。

アイスコーヒーを飲む時に一番美味しいと感じるのは4〜6度ですが、時間共に温度は上がっていくので氷をたっぷり入れたグラスでアイスコーヒーを飲めば適温で飲むことができます。

アイスコーヒーはこのような急冷式が基本ですが、その他にも水出し式などいろいろな作り方があります。次の記事ではアイスコーヒーを美味しくするいろいろな作り方を紹介していますので参考にしてください。

水道水でアイスコーヒーを美味しく作るコツ

水の硬度やPH値を変える浄水器を紹介しましたが、気軽に買えるものではありませんのでまず今自宅の水道水で美味しいアイスコーヒーを作りたいと思うかもしれません。

日本の水は軟水ではありますが本来とても美味しくコーヒーを作るのに適していますので、ちょっとした努力や出費を払うだけでコーヒーの味が一段と変わります。

ここでは自宅の水道水でアイスコーヒーを美味しくするための、3つの方法を提案します。

二度焚きしたお湯は使わない

お湯の二度焚きは水の味が悪くなるだけでなく、ヒ素などの化学物質の濃度を上げてしまうので健康的にも良くありません。

電気ケトルを使っている人は使い切らなかったお湯をそのままにしがちですが、コーヒーを淹れるときはそれらは全て捨てて新しい水を使ってください。

塩素を除去する

日本の水道水は本来美味しいのですが、水道法により全ての水には塩素が含まれており、それがまずくさせている要因です。次のようにすれば塩素を除去することができますので試してみてください。

塩素を除去する方法
  • 蓋を開けたまま5分沸騰させる
  • 木炭、竹炭を入れる
  • 一晩汲み置きする

このように塩素は意外と簡単に取り除くことができます。ちょっとした手間をかけるだけで美味しいアイスコーヒーになりますのでぜひ塩素を除去したアイスコーヒーを楽しんでください。

安くてもいいので浄水器を通す

塩素を除去するのは意外と簡単なので、実は塩素を除去するだけなら安い浄水器でもそれなりの効果があります。

浄水器といってもピンキリなのでいい浄水器は設置費用も高く、カートリッジも高いので維持費にかなりかかってしまいますが、

例えば次の商品は値段は非常に安いですが、塩素はしっかりと除去し「コーヒーの味が引き立つ」との口コミもある人気の商品です。

「ママ応援」と書いてありますが、ママじゃなくても全ての人がこの79%OFFが適用されますので、まだ自宅に浄水器がついていないという人はぜひお試しください。

【まとめ】アイスコーヒーを作る時の最高の水とは

アイスコーヒーに適した水をまとめますと、次のようになります。

水の種類適用範囲アイスコーヒーにお勧め
硬度軟水、中硬水、硬水中硬水
PH値弱酸性、中性、アルカリ性弱アルカリ性
温度抽出時:90〜95度、飲用時:4〜6度お湯で抽出したコーヒーを急冷する
その他塩素を除去して二度焚きをしない浄水器かミネラルウォーターを

日本の水道水は軟水で弱アルカリ性なのでアイスコーヒーを含むほとんどのコーヒーにお勧めですが、味わいが足りないと感じるなら中硬度で弱酸性の水を試してみるのも良いかもしれません。

水で変わる酸味や苦味などはコーヒー豆や焙煎とは違った味の変化がありますので、それぞれ変化の違いをお楽しみください。

最後に水をテーマに解説しましたので、世界で最も水が綺麗な国フィンランドから汲んだ「オーロラウォーター」を紹介します。

この水は軟水ですのでどちらかというとホットコーヒーにお勧めですが、アイスコーヒーでも美味しく飲めます。とにかくコーヒーの味が劇的に変わりますのでぜひ一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です