韓国人も認める本格キムチの作り方!辛くないキムチも激辛も作れます!

美味しいくて身体に良いキムチが食べたいなら自分で作るのが一番です。

本場韓国のキムチを食べると日本で食べるキムチと違うことに気づかれると思いますが、それは市販されているキムチは日本人にアレンジして辛さを抑え甘みを強くしているからです。

更にひどいことに市販されているキムチは、発酵風の化学調味料を使った偽キムチがほとんどなんです。

キムチは本来1gにつき1億個以上という驚異的な数の乳酸菌がいるというスーパー発酵食品ですが、市販のキムチや市販のキムチの素を使って漬けたキムチは美味しくないだけではなく乳酸菌もほとんどいません。

そこで今回は材料選びと発酵まで見届けた本物のキムチを、この記事を読んだ後すぐに作れるようにステップでわかりやすく解説しています。

このレシピで作ったキムチを食べるとほとんど誰もが感動します。「今度作るときお金出すから売ってくれない?」とまで言われることもあるほどです。

ただ一つ弊害があります。このキムチを一度食べると市販のキムチがまずくて食べられなくなってしまいます。市販のキムチをこれからも美味しく食べたいという人はどうぞこのレシピで作らないでください。

さて私たちの免疫力は腸から作られていますので、強い体を作るためには乳酸菌がどうしても必要です。

どうぞ乳酸菌がたくさん入っている本物の、そして美味しいキムチを自分で作って食べて、風邪やアレルギー、そしてコロナウイルスに負けない強い身体を作ってください。

キムチのような乳酸菌に新型コロナウイルス対策効果があるというニュースが2020年7月に報道されました。詳しくは下記の記事をお読みください。

ここが決め手!白菜キムチの材料

白菜キムチの材料
  • 白菜:2kg
  • 白菜用塩:80g(白菜の0.04%) 
  • 唐辛子粉:100g
  • 生姜 :13g
  • ニンニク:13g
  • ニラ(ネギ) :200g
  • 玉ねぎ: 200g
  • 白玉粉(上新粉):20g
  • 砂糖: 30g
  • キムチの素用塩:20g
  • りんご:1個
  • 梨:1個(なければりんご2個でも可。ただし味は少し落ちる)
  • 人参 :1本
  • 大根:小半分
  • 唐辛子:お好み

「梨がスーパーで買えない」という意見がありましたので、ネットで買えるおいしい梨を紹介します。

唐辛子粉はネット通販でも買える

唐辛子粉はなかなかスーパーで手に入りませんので、ネット通販でどうぞ。

楽天市場なら300g(3回分)の唐辛子粉が送料無料で580円と激安です。

辛くないキムチを作りたい場合は辛くない唐辛子粉を使おう

「辛くない唐辛子粉」を使えば見た目や味はキムチそのままで辛くないキムチを作ることができます。

唐辛子粉の量を減らせば辛くないキムチができますが、味も見た目もキムチからかなり遠ざかってしまいます。

こちらの辛くない唐辛子粉を使えば、見た目も味もキムチそのままで不思議と辛くないキムチが作れます。

こちら「あまり辛くない甘口の唐辛子」は楽天市場で買えば1,188円 (税込)+送料300円です。容量は65gですが辛いのが苦手な方はこの量でレシピ通りに作れば美味しいキムチが作れますよ。

超激辛キムチを作りたい人のための唐辛子粉

激辛キムチを作りたい場合も唐辛子粉の種類で調整できます。こちらはハバネロの2倍、普通の唐辛子の50倍辛いと超激辛唐辛子粉です。

危険ですので、お子様の手の届かないところで保管するようにしてください。

こちらは楽天市場で10g×2袋で税込1,000円+送料300円(税込3,980円以上なら送料無料)です。容量は少ないですが、10gでレシピ通りに作ってもかなり辛いです。

3ステップで簡単!キムチ作り方

キムチは発酵食品ですので作ってから食べごろになるまでにおよそ1週間かかります。

  1. 1日目:白菜の塩漬け
  2. 2〜3日目:キムチの素を作って常温で発酵させる
  3. 4〜7日目:冷蔵庫で発酵させる

とはいっても本格的な作業はステップ2だけです。具体的に説明していきますね。

ステップ 1(1日目) 白菜の塩漬け

塩漬けされた白菜。この後この上に重石を置きます。なければお皿の上に重いものを置いてください。
  1. 白菜を半分に切ってそれを3等分し、しばらく干す。
  2. 塩を白菜(根元に多め)にまんべんなく振る。
  3. 切った白菜の上に重石をして一晩漬ける。

夜に塩漬けしておけば、次の日にステップ2に移れます。

ステップ 2(2〜3日目) キムチの素を作る

  1. 白菜から水が出たら流しに水をはって、白菜を洗う。少し味見してまだ辛かったらしばらく浸して塩を抜く。その後白菜をざるにあげて水切りする。
  2. 白玉粉と水400ccを鍋に入れ弱火で溶かしながらダマにならないようによくかき混ぜる。白玉粉が溶けたら砂糖を入れる。
  3. 大根、人参(共に削ぎ切り)、ニラを切る。
  4. 梨、りんご、玉ねぎ、唐辛子、生姜、にんにくをミキサーにかける。
  5. 大きめの入れ物に①と塩、唐辛子粉を入れてよく混ぜ、そこに③を混ぜる。キムチの素(ヤンニョム)完成。
  6. ④に大根、人参、ニラをざっくり混ぜてキムチの素を白菜の葉と葉の間に塗っていく。
  7. 保存容器に入れて1日常温で発酵させる。

ステップ 3 (4〜7日目)冷蔵庫に入れる

発酵中のキムチ。生きているのでプクプクと泡が出てきます。

常温のキムチを冷蔵庫に入れて、3日後に食べ頃になる。

酸っぱくなったキムチは乳酸菌がいっぱい

キムチがどれくらい保存できるかは乳酸菌に依存しています。もし腐った匂いがするなら食べられませんが酸っぱい匂いなら乳酸菌が活動しているので問題ありません。むしろ作ってから時間がたったキムチは乳酸菌の数は増えていて1gあたり10億以上になっていることもあります。なお酸味が強すぎると感じるならキムチ鍋など料理に使ってください。乳酸菌は熱で死んでしまいますが、死んだ乳酸菌が腸にすでにいる乳酸菌の餌になって結果的に腸内の乳酸菌の数は増えます。

【まとめ】アレンジはあなた次第!いろいろなキムチを作ってみよう

白菜キムチの作り方を紹介しましたが、基本的な作り方は次の3ステップです。

  1. 野菜を塩漬けする
  2. キムチの素を作る
  3. 発酵させる

ちょっと裏ワザ

この①の「野菜」を大根にすればカクテキ(大根キムチ)にきゅうりにすればオイキムチ(きゅうりキムチ)になるなど、アレンジ次第でいくらでも広がります。

日本ではペチュキムチ(白菜キムチ)が主流ですが、本場韓国では100種類以上のキムチがあります。その中の代表的なものには次のようなものがあります。

  • 大根葉キムチ
  • からし菜キムチ
  • ネギキムチ
  • ニラキムチ
  • ごぼうキムチ
  • ナスキムチ
  • 山芋キムチ

食べたい種類はありましたか?他にも美味しいキムチがありましたらぜひ付け加えてみてください。もしかしたらあなたオリジナルのキムチを作ることができるかもしれませんよ。

乳酸菌の効果やキムチの乳酸菌を爆発的に増加させる裏ワザについては、下記の記事を参照ください。

さてキムチのような良質な乳酸菌がたくさん入っているものを食べると免疫力が高まるだけではなく、よく眠れるようにもなります。腸が活発に働いて副交感神経が優位になることがわかっているからです。

睡眠に関する裏ワザについてはこのサイトでいくつか取り上げています。下のボタンを押せば睡眠に関する記事のリストが表示されますので参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です