2019年12月5日開店 ベトナムイオン5号店イオンモールハドンが面白い!

2019年11月26日(火)。平日の真っ只ですがベトナムイオンモール第5号店、ハノイイオンモール2号店となるイオンモールハドンが開店に先立って先行オープンしました。

筆者は開店前からイオンモールハドンに取材に行き、「ハノイにある」ということで際立つ日系企業イオンの魅力や今後の展開について考察してきました。

ハノイに在住している日本人の方も旅行で遊びに来ている方も、ぜひイオンモールハドンに足を運んでみて下さい。

イオンモールハドンの基本情報

まずイオンモールハドンの、所在地や営業時間など基本情報を紹介します。

住所: Duong Noi Ward, Ha Dong District, Hanoi City
TEL:(024)3.7576.999
専門店の数:約220店舗
飲食店の数:78店舗
敷地面積:約9万8000m2
延床面積:約15万m2
営業時間:専門店平日10時~22時、土・日・祝日9時~22時
AEON Supermarket(1階)8時~22時
AEON General Merchandise Store(2階・3階)平日10時~22時、土・日・祝日9時~22時
CGV CINEMA8時~25時
休業日:年中無休

イオンモールハドンの位置は、ベトナムの首都ハノイの中心部から少し西に外れたハノイハドン区にあります。

現在ど田舎にポツンと佇んでいますが、これから…というよりすでにこのイオンモールハドンを中心に急速に開発がすすんでいます。

イオンモールハドンの魅力

イオンモールハドンの魅力として紹介したいのは次の3つです。

  1. 専門店の多さ
  2. 魅惑のフードコート
  3. 日本人向けのスーパーマーケット

それぞれの魅力について、さらに詳しく解説していきますね。

専門店の多さ

イオンモールは専門店が240店舗もあり、その中には私たち日本人が馴染みのあるものがたくさんあります。専門店240店舗のうち、40%がベトナム初出店となるようなので、どんな店ができるのか楽しみですね。

右下に見えるのがスターバックスコーヒーです。まだ開店していません。
おなじみの ダイソー。ベトナムではひとつ 40,000ドン(およそ200円)しますがベトナム人に大変人気です。

まだほとんどの店は開店していませんが、ホームセンターで有名なコーナンなども出店予定となっています。

日本人もベトナム人にも魅力のフードコート

ベトナムの大型スーパーには大抵フードコートがついていて、安くて気軽に食べられるその場所にはたくさんのベトナム人が賑わっています。

でもベトナム人には魅力的なフードコートでも、日本人にとってはそうではありません。汚くて、あまりおいしくない。そしてマナーに至っては皆無です。

しかしイオンモールのフードコートやイートインスペースは、ベトナム人はもちろん日本人にとっても魅力的な場所となっています。

常に清掃員が待機していて、食べた後綺麗に掃除してくれます。また日本人にとっても魅力的な(きれいな)ベトナム料理や日本料理がいくつもあります。

ベトナム仕様のお寿司から日本人が好む寿司までいろいろあります。
ベトナムで安くて美味しいお寿司を食べたいならここです。
  • ベトナム各地の料理や世界各国の料理22店舗を集結
  • 100種類以上の品揃えを誇る「寿司」
  • おにぎり、天ぷら、おでん、弁当、たこ焼き、お好み焼きなど美味しい日本食が安い
  • コーヒー、シントー、アイスクリーム、ケーキ、など300種類以上のデザートがあり安い

この他にも魅力的な食べ物や飲み物がたくさんありますので、ぜひご自身の目で確かめて下さいね。

日本人向けのスーパーが嬉しい

ハノイには大型スーパーが増えていますが、あまり綺麗でなかったりベトナム人がしたい放題したりしていることもあります。

果物売り場で勝手に試食して、皮をそのまま捨てるなんて当たり前。筆者が行ったベトナムの某ローカルスーパーでは、下着売り場で親が子供に「試着」しているのを目撃したこともありました。その下着は買わレルことなく売り場に戻されていました…

一方イオンモールのスーパーはまず綺麗。買う人もなんだか少し余裕のある人が多いように思えます。そして日本人なら何がどこに売っているかがすぐにわかるように設計されているのも嬉しいところです。

食品売り場が綺麗というこの当たり前のことが、イオンモールに行けば感動さえさせられます。

ベトナム イオンモールの戦略と今後の展開で予想されること

イオンモールハドンはベトナム初めてとなっているわけではありません。

イオンモールの拡大やベトナム全土にあるイオンモールの位置などを調べると、イオン株式会社がいかに入念に戦略を練っているかがわかります。

ベトナムイオンの歴史

イオンモールハドンはベトナム5号店となります。イオンモールの歴史は2014年に始まり、その後3年の間に4店舗まで増やしています。

店舗店舗名開店
1号店イオンモール Tan Phu Celadon2014年1月
2号店イオンモール Binh Duong Canary2014年11月
3号店イオンモール Long Bien2015年10月
4号店イオンモール Binh Tan2016年7月
5号店イオンモール Ha Dong2019年12月

このようにイオンモール5号店となるイオンモールハドンは、4号店から3年以上経っています。

これまでのイオンモールが確かに成功したという確信のもとに、今回の5号店の計画が始まったことが読み取れます。(実際イオン株式会社はベトナム進出3年で黒字を出しています)

5号店のあるハドンは、ベトナム初のBRT(バス高速輸送システム)やハノイ都市鉄道など公共交通網の整備が進んでいて、中心部へのアクセスが繋がりやすい場所へと整備されています。

そんな状況もありハドン区は現在ハノイ市においても人口増加の著しい地区となっています。

まだ周囲は開発中の故、今回のイオンモールハドンが黒字になるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、一度黒字になればその後急速に黒字が進むことが予想されます。

ベトナムイオンの戦略とロッテの戦略

韓国企業のロッテ※はハノイの中心部に大型店舗をいくつもオープンさせているのに対し、イオンは中心部から少し郊外に大型店舗をオープンさせるという戦略をとっています。

※厳密にいうとロッテは韓国と日本の半々の企業です。

イオンモールはハノイの中心部にあるFIVIMART※やCitimartと提携し、それらを含むいくつかの場所に無料バスを走らせ、中心部から郊外のイオンモールへと繋いでいます。

※残念ながらFIVIMARTは2018年8月29日にイオン株式会社と提携を解消し、現在はVInMartになっています。

イオンモールハドンはベトナム人中流層を狙っているようで、高級のものよりも安くて良いものを売ろうとしているのを見て伺えます。

一方ベトナムのロッテはイオンよりも高級路線で攻めているように思えます。ロッテには高級ブランド店が立ち並び、日本人でもびっくりする値段となっていますが連日に擬まっています。

以前書いた「ジャコウネココーヒーは偽物だらけ!本物の特徴と見分け方」でも紹介した本物のジャコウネココーヒーの豆は、70gで2,500,000ドン(およそ12,500円)で売っていると紹介しましたが、これはロッテのスーパーで販売していました。

戦略は違えどもロッテもイオンも共にベトナムで成功しています。今後ベトナムにおいてどちらがより店舗を増やしていくかが楽しみなところです。

今後はハノイでもミニストップの展開か

ベトナム全国でみると、ベトナム経済の中心部であるホーチミンシティにはミニストップが多く出店しています。

それで今後ハノイの経済状況がさらに上がっていけば、ハノイにもミニストップが出店されるかもしれません。

まとめ イオンモールハドン店に行って感じたこと

イオンモールハドンは入念な戦略のもと、確実に成功することを予測した上で計画が進んできたことがわかりました。

筆者は先行オープンの状態で行ってきましたが、まだ専門店のほとんどは開店していなかったのにもかかわらず大勢の人がいました。きっと土日にはさらに増え、オープン後は大混雑となるはずです。

それにしても専門店がほとんど出来ていない中途半端なところで先行開店させてしまう、というのはベトナムならではです。このようにイオンモールハドンは日本人の心をつかみつつ中流層のベトナム人を主なターゲットとしています。

イオンモールハドンはこれから、日本人にもベトナム人にも愛されるショッピングモールとなっていくでしょう。

ちなみにもしイオンモールに行かれるなら、クレジットカードで買い物をするのが最も便利でお得な方法です。海外でクレジットカード払いがなぜ最も良いといえるかは、「クレジットカードで手数料ゼロ!海外でお得に両替や買物をする裏技」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です