知らないと損!ベトナムの銀行は金利が高いので口座開設は必須!

「ベトナムの銀行は金利が高いらしい」
「でも外国の銀行に口座を開くのは難しそうだな」

日本の銀行に預けても金利が高いことで有名な楽天銀行さえは0.04%(楽天カードのカード利用金額の引落がある方のみ)。しかもそのわずかな金利に利息まで取られてしまう有様です。

一方ベトナムの銀行の金利は定期預金にすればほとんどの銀行で7%以上の金利がつき、しかも利子は無課税なので7%以上の利子はそのまま受け取ることができます。

しかし残念ながらベトナムにおいて日本人が口座を開設し、定期預金をするのは年々難しくなっています。

そこで今回は日本人でもベトナムの銀行口座を開設する条件を解説し、定期預金をして利子を受け取る具体的な手順を説明します。

日本人がベトナムの銀行を開設し高金利をもらえる条件

2019年7月5日付の改悪により、外国人が口座開設できるのは12ヶ月以上の滞在許可がある方のみとなってしまいました。

さらに預金ができるのは労働許可者がある人のみ(つまり配偶者ビザではできない)で、CDM(日本のATM)から預金はできなくなり、預金をするのはVP BANKの窓口のみ※となってしまいました。

※給料の受け取りや他者からの送金は可能

しかも定期預金は滞在許可の期間内のみ、つまり2年のビザを取得している人でも日本に帰国した後は定期預金を続けることができなくなりました。

これはVietnam Prosperity Bank(通称VP BANK)と共同開発されたベトナム初のインターネットバンキングtimoの公式発表ですが、このtimoは外国人が最も開きやすい口座でしたので、他の銀行はさらに厳しくなっていく見通しです。

ベトナムは観光ビザが3ヶ月のみしか発行できませんので、ベトナムで金利生活、つまり銀行を開設し定期預金で得られる利子を目的にして銀行口座を開くことは事実上不可能になっていまいました。

このようにかなり限定的になってしまいましたが、それでもベトナムで長期で働いている人にとってはその期間だけでも銀行に預けることによってかなりの利子をもらうことができます。

逆にいうとベトナムに12ヶ月以上滞在している人で、ベトナムの銀行に定期預金をしないというのは非常に損しています。timoなら口座を開いて定期預金をするのがとても簡単だからです。

金利はそれほど高くないのにtimoをお勧めする理由

timoの金利は1年で7.05%(2020年2月7日現在)。日本からしたらかなりの高金利ですが、ベトナムの銀行はSCB(8.35%)やEximbank(8.0%)など、timoよりも金利が高い銀行はたくさんあります。

しかしそんな中でtimoをお勧めする理由は、次の理由があるからです。

  • 定期預金、送金などをスマホ一つで簡単に操作できる
  • ベトナムにある全国のATMの出金、送金が基本的にいつでも無料
  • 外国人への対応がしっかりしている

timoには非常に完成度の高いアプリがあり、定期預金や送金などが手数料無料でいつでもどこでも手軽にできるというのは外国人にとってはとりわけ助かります。

またベトナムはスーパーやコンビニなど多くの場所ではクレジットカードが使えることができるようになっていますが、まだまだ主流は銀行口座払いです。

家賃の支払いなどカード払いができないものについては銀行口座があると支払いが楽になりますが、timoがあればスマホで全て完了することができます。

即日受取可能!超簡単timoの口座開設方法

timoはオンライン上で予約すれば最短当日で受け取れます。予約時に必要なのは次の2つです。

  • ベトナムの携帯電話番号
  • パスポート番号

もしまだ携帯電話お持ちでなければ、amazonかYahooショッピングで安く購入することができますのでベトナム出発前に購入しておきましょう。

こちらはSIMカードになっていますので、iPhoneなどお持ちのSIMフリー携帯に差し込めばベトナムで使えます。

timoの口座を開設できる場所は次の4つの都市です。

  • Ho Chi Minh(ホーチミン市):194D-E Pasteur, quận 3
  • Ha Noi (ハノイ市):Tầng 1, Vinafor Building, 127 Lò Đúc, Hai Bà Trưng, Hà Nội
  • Da Nang(ダナン市):43-45 Nguyễn Văn Linh, phường Bình Hiên, quận Hải Châu
  • Can Tho (カントー市):209 đường 30/4, quận Ninh Kiều

timoハノイ店は最近17 Ngô Quyền, quận Hoàn Kiếmから移転になりました。他のブログでは旧店舗の住所が書かれていることがありますので注意してください。

ステップ1:オンライン予約する

まず下記のボタンを押して timoの予約画面に進みましょう。

※注 Timoのシステム障害なのか、下記のボタンにリンクするサイトから予約できないことがあります。その場合ステップ1をスルーしてステップ2から初めてください。Timoで「NRE0X」コードを伝えればバウチャーがもらえます。

ちょっとお得な裏ワザ

上記のボタンは紹介コードとつながっていて、初めて開設される方は75,000ドンのバウチャーを受け取ることができます。招待コードを求められたら「NRE0X」と入力してください。

すると次のような画面が出ますので、「ĐĂNG KÝ NGAY(今すぐ予約)」をタップしてください。(違う画面が現れるかも知れませんが、どこでもいいのでĐĂNG KÝ NGAYのボタンをクリックすれば登録画面にすすみます。)

クリックすると次のような画面が出ますので、 Englishに変更しましょう。(ベトナム語がわかる方はそのままでも大丈夫です。)

英語に切り替わりますので、情報を入力してください。

全て入力したら「JOIN TIMO NOW」をタップすると下の画面が出てきます。

カードを受け取りに行く時間を選んだら画面下の「JOIN TIMO NOW」をタップすれば予約完了です。

ステップ2:アプリをダウンロード

サービスセンターに行く前に、以下の無料アプリをダウンロードしてください。

Timo powered by VPBank
Timo powered by VPBank
無料
posted withアプリーチ

ステップ3:timo hangoutに受付に行く

予約した時間に、timo hangoutというサービスカウンターに行きます。下記のものは絶対に忘れないようにしてください。

  • timoアプリの入った携帯電話もしくはタブレット
  • パスポート
  • 労働許可書(お持ちの方)

名前を伝えれば受付の人がすぐに対応してくれます。対応は全て英語かベトナム語ですが、身振り手振りで大体わかります。もし不安なら知り合いのベトナム人と一緒に行ってみてください。

ステップ4:アプリの暗証番号を変える

受付が完了するとtimoカードと初期PINコードが記載された用紙が発行されます。

アプリがインストールされている携帯電話を渡せば、アプリを使えるようにしてくれます。

その後初期PINコードを入力して、ユーザーネーム、パスワードを設定してください。

指紋認証やFace ID の機能がある携帯ならそれらを使用することができます。

10秒できる!スマホ一つで金利を確認し定期預金をする方法

timoアプリを使って定期預金するは非常に簡単です。アプリを起動して次のステップで行ってください。

(1)Term Deposit(定期預金)をタップします。

(2)画面右下にある+ボタンをタップします。

(3)「How much do you want to deposit?」の下に1,000,000VND以上、1,000,000VND単位で定期預金する金額を入力してください。

(4)1、3、6、12、18ヶ月の中から定期預金をしたい期間を選んでください。期間をタップすると年利や利子などが表示されます。(ビザの期間内のみしか選択できないようになっています)

(5)年利などを確認したらNEXTをタップしてください。

最終確認画面の確認したら画面下の「OPEN TERM DEPOSITS」をタップして完了です。

いかがでしょうか。今回は1ヶ月預金なので4.6%ですが、6ヶ月以上の定期預金は7%以上の高金利となり、しかも税金を取られることなく利子をそのまま受け取ることができます。

【まとめ】timoで銀行口座を開設しよう

ベトナムの金利は高いって知っていてもなかなか現地で口座を開設するのは大変なところです。でもtimoなら簡単に口座を解説できますし、定期預金も気軽にできます。

方法はとても簡単ですので、試しに1ヶ月の定期預金を1,000,000ドンから初めてみるのもいいかもしれませんね。

クレジットカードを利用できる店ではできるだけカード払いにしておきたいところですが、クレジットカードで支払えないものはtimoで支払うことができます。

timoがあれば乗車アプリのGrabも携帯の電話料金も家賃の支払いなども、現金払いをしなくていいだけでなくスマホ一つで完結しますので、時間や手間を大幅に節約できるでしょう。

ベトナムに1年以上滞在している方は、ぜひこの機会にtimoを開設してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です