ベトナム旅行にもう行ける?コロナ騒動後ついに解禁か

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でベトナムを含む日本人が行く国の多くに制限がかけられていますので、事実上ほとんどの国に行くことができなくなっていますが、そんな中嬉しいニュースが入ってきました。

今まで全区間を運休していたベトナムの航空会社大手2社、ベトナム航空とバンブーエアラインがベトナム~日本路線の再会を発表したのです。

現在日本を含むリスクの高い流行地域からは14日間の隔離が強制されます。

それ以前にベトナムの新規ビザ発行を受け付けていませんので、事実上現時点ではベトナムに旅行に行くことはできません。この状況に伴いベトナムの航空会社は日本〜ベトナム路線を全てストップしていました。

しかしここに来てベトナムの航空会社はついに再開を発表し始めています。

この記事は2020年5月に執筆されました。残念ながら2020年8月3日現在ベトナム航空はベトナムから日本間の定期路線全便の運休を2020年10月24日まで延長すると発表しています。

ビザなし入国や観光ビザの発行はしばらく難しいですが、ビジネス目的なら状況により発行は可能です。詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、英語かベトナム語でお問い合わせいただければご案内致します。

ベトナム航空特別キャンペーン!日本発ベトナムの往復運賃往復運賃を3万8450円~

ベトナム航空は5月4日(月)から5月8日(金)までの5日間の特別キャンペーンを実施しています。出発期間は2020年7月1日から、つまり7月以降観光客を見込んでいるということになります。

チケットが無駄になるのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、ベトナム航空は補償がしっかりしていますので安心です。

コロナウイルスの感染拡大により影響を受けたフライトをご予約のお客様を支援するため、ベトナム航空は払い戻しの方針をより柔軟性が高くなるよう変更し、様々なお客様のニーズにより良く対応できるよう努めています。

引用元:ベトナム航空公式ホームページ
https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/travel-alerts/2020/Covid19-travel-updates

過去の事例においては次のような補償が実施されました。

  • ルート変更・予約変更リクエスト:手数料や制約なしで、予約の変更またはルートの変更ができる
  • 払い戻しリクエスト:払い戻しが必要な場合手数料なしで1年間有効の「旅行バウチャー」を提供

これだけ補償されていますので、チケットを買った後に日本人の入国を拒否、あるいは制限されるとしても安心です。

このようなキャンペーンは今後も続いていくと思われますので、どうぞご期待ください。

航空会社:ベトナム航空
URL(日本語):https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/
往復運賃:38,450〜48,370円
出発期間:2020年7月1日から2021年3月31日
キャンペーン期間:2020年5月4日(月)から2020年5月8日(金)まで

バンブーエア2020年5月20日からついに日本線運行開始!

2017年に設立された新しい航空会社バンブーエアウエイズですが、このコロナウィルスが満映している中ついに日本の国土交通省は4月28日外国人国際航空運送事業の経営を許可しました。バンブーエアのチケット販売開始は5月20日からです。

日本人のベトナムでの受け入れがどうなるかはまだわかりませんが、今後の展開は期待できそうです。

バンブーエアはベトナム航空とLCCのベトジェットの間に位置するハイブレット型のエアラインで、料金はLCCよりやや高い値段設定となっています。

シートはLCCより広くゆったりとしていて食事やスナックも無料で提供されます。お金を節約したいけどLCCはちょっと…という人にもぴったりです。またLCCではありませんのでビジネスクラスもあります。

航空会社:バンブーエアラインズ
URL(英越韓のみ):https://www.bambooairways.com/
往復運賃:ベトジェットとベトナムエアの間
運行開始予定:2020年5月20日
路線:ホーチミン~成田線、ホーチミン~関西線、ハノイ~関西
便数:週7便(デイリー運航)

バンブーエアとベトジェットエアは国内線乗り放題パスもあり!でも…

バンブーエアとベトジェットエアはそれぞれ国内線乗り放題チケットを販売しています。

内容は日本円にして4万5千円程度で半年間無料でベトナム国内どこでも無料というもの。ただしこれはあくまでチケット料金のみであり税金や手数料は含まれません。航空券は1,000〜5,000円程度で販売されているため、元を取るためにはかなり利用しなければならなくなります。

ただしバンブーエア はベトジェットと比べると便数は劣るものの、リゾート・ホテルのスイートルーム2泊(約4万5000円相当)も無料で利用できるサービスを実施しています。

ハノイ、ホーチミン、ダナンなど主要都市だけでなくベトナム全国をくまなく旅行したいという人にお勧めです。

まとめ

新型コロナウイルス対策でかなり厳格な対策を取ってきたベトナム。その甲斐もあってベトナムのコロナ感染者は271名、内232名回復、死者ゼロ、そして入国者以外の感染者も20日間連続ゼロ(2020年5月6日現在)です。

2020年7月18日現在ではコロナ感染者355名、内335名回復、死者ゼロ、入国者以外の感染者ゼロの連続記録は続いています。

ベトナムでは2020年7月25日に99日ぶりとなる国内感染が発生し、同31日には国内初となる新型コロナウイルスによる死者が確認されているという油断ができない状況が続いています。

そしてついにここにきて日本からの旅行者の受け入れにも積極的になりそうです。

現時点ではまだなんともいえませんが、このようにベトナムの航空会社の動向を見ていますと良い結果が期待できるといえるでしょう。

現在ベトナムはコロナウイルスに関連して世界で最も安全な国のひとつですので、コロナで溜まったストレスをぜひベトナムで解消し癒されるのはいかがでしょうか。

当サイトはベトナム旅行や生活に役立つ次のような情報を提供していますのでどうぞ活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です