ベトナム・ハノイで安くておしゃれなチョコレートならPhevaがおすすめ!

ベトナムの有名なチョコレートを買いたいけどMarou(マルゥ)はちょっと高くて買えないな」と思っているなら、PHEVAチョコレートをおすすめします。

ベトナムにはこの2種類以外にもいろいろな種類の魅力的なチョコレートブランドがありますが、Phevaとコンセプトが似ているチョコレートが多いので「MarouかPheva系か」で決めると良いでしょう。

MarouPheva
◎とにかく質が高い○いろいろな味を楽しめる
味の種類○基本ダークチョコレートのみ◎ミルクやフレーバーなどいろいろな種類がある
値段△Phevaの倍近くする◎かなり安い
パッケージ◯シンプルなデザイン◎カラフルなデザイン

この表にあるように質の高いダークチョコレートを食べたいならMarou一択ですが、値段が安く、おしゃれでいろいろな味を楽しみたいならPhevaです。

もちろんPhevaのチョコレートの質も決して悪くありません。Phevaチョコレートはベトナム南部のベンチェー省にあるカカオ農園のみで作られたチョコレート。一切のブレンドを許さないシングルオリジンです。

この記事ではPhevaの種類や買える場所など、Phevaについて全てをお伝えします。どうぞ最後までお読みください。

安くておしゃれなパッケージがいいならPheva(フェバ)

店内。日本語を喋ることができる店員さんです。

Phevaチョコレートはとにかくパッケージデザインが素晴らしいです。カラフルでかつ上品に仕上がったパッケージを専用のケースと紙袋に入れてくれます。

Phevaチョコレートをお土産に買ってあげると「えっ?こんな高級そうなものもらって大丈夫なの?」とびっくりされることもありますが、実は値段はかなり安いんです。

50,000ドン(約250円)で入れてくれる箱。これ以上安いものだと袋になります。

値段やデザイン性だけではなく、味もなかなかの優れもの。 Phevaチョコレートはベトナム南部ベンチェー省で栽培したカカオ豆と砂糖、そしてマダガスカル産のバニラだけを使いその他余計なものを一切ブレンドをしていません。

このようにPhevaは、フランスのショコラティエのノウハウとベトナムのこだわりの素材が融合したチョコレートとなので、多くの人に愛されています。

Marouは、質の高いカカオの味をしっかりと楽しむためにバニラさえ使わないほどで、より本格的なチョコレートを食べたい方にお勧めです。Marouについて詳しくは、「この味なら安い?ベトナム・ハノイのお土産でMarouチョコレートをおすすめする理由」をお読みください。

Phevaはダークチョコレート一本勝負のMarouとは違い、18種類のチョコレートがあるのも特徴で、そのポップなデザインは見ているだけで楽しくなります。

Phevaチョコレートの値段

値段は下記のように枚数で決まっていて、基本の18種種類からすでにセレクトされたものです。

名前枚数値段(VND)値段(JPY)
The Envelope Box6枚入50,000ドン約250円
The Souvenir Box12枚入80,000ドン約400円
The Elegance Box24枚入160,000ドン約800円
The Cube Box40枚入260,000ドン約1,300円

この他にも味は一種類しかありませんが、30,000ドン(約150円)で買えるものもあります。

また専用の保冷バックも売っています。1つ70,000ドン(約350円)です。

夏の間はチョコレートが溶けてしまいますので、すぐにホテルに帰る予定がないならこのような保冷バックも一緒に買っておくことをお勧めします。

黒胡椒、オレンジピール、ピスタチオ…Phevaの基本18種類の味

18種類のうち12種類はそれぞれ試食できるようになっています。

Phevaチョコレートは次の18種類があります。

  1. ダークチョコレート65%
  2. ダークチョコレート×黒胡椒
  3. ダークチョコレート×カカオ豆
  4. ダークチョコレート×シナモン
  5. ダークチョコレート×生姜
  6. ダークチョコレート×オレンジピール
  7. ダークチョコレート×ゴマ×ピーナッツ
  8. ダークチョコレート×ピスタチオ
  9. ダークチョコレート×ピスタチオ×レーズン
  10. ダークチョコレート×白胡椒
  11. ミルクチョコレート36%
  12. ミルクチョコレート×ゴマ×ピーナッツ
  13. ミルクチョコレート×ピスタチオ
  14. ミルクチョコレート×ピスタチオ×レーズン
  15. ホワイトチョコレート34%
  16. ホワイトチョコレート×白胡椒
  17. ホワイトチョコレート×ゴマ×ピーナッツ
  18. ホワイトチョコレート×ピスタチオ

個人この中でも特にお勧めしたいのは「ダークチョコレート×黒胡椒」です。こちらはフーコック特産で有名なフーコック黒胡椒が使われています。ダークチョコレートの苦味と胡椒のハーモニーがとても相性が良く、後味も爽やかです。

ベトナムの南にある島フーコック島特産の黒胡椒

女性にはオレンジピールが人気です。ダークチョコレートの苦味とオレンジピールの爽やかな香りが上手にマッチしています。

Phevaチョコレートを買いたいなら直営店のみ!

Phevaは空港やお土産屋さんなどいろいろな場所で売っているMarouと違い、直営店のみの販売となっています。

Pheva HANOIの場所はハノイ駅やベトナム全国の100以上の料理が食べられることで有名な、QUAN AN NGON(クアン アン ゴン)のすぐ近くというアクセスが良い場所にあります。

店名:PHEVA HANOI(フェバ ハノイ)
住所: 8B Phan Boi Chau, Hoan Kiem District
営業時間:8:00 – 19:00 
電話: + 84 (0) 432 668 579

まとめ

今回はベトナム・ハノイにある本格的なチョコレート専門店Phevaについて紹介しました。

Phevaの直営店はホーチミンにもありますしダナンには本店と2号店がありますので、これらベトナムの主要都市でも購入可能です。

何れにしてもベトナムはチョコレートに非常に力を入れている国です。対象は主に外国人なので、審美眼を持つあなたでも決して見劣りのしないチョコレートとなっています。

またPhevaは日本でもネット通販でも買うことができます。もう一度Phevaが食べたくなったりお土産の買い忘れがあったりするならぜひご利用ください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です